AHSMEC 愛知淑徳大学 健康・医療・教育センター

心理相談|愛知淑徳大学心理臨床相談室

心理相談
心理相談

さまざまな人の心の相談に親身に応えます。

子どもから、青年・成人まで、心の悩みや障がいのある方たちへの心理面接や心理検査などをおこないます。保護者の方や学校の先生などへの相談・助言もおこないます。

心理面接の例
不登校や引きこもり
家族や友人、職場の同僚や上司などとの対人関係上の困難
気分の落ち込み
感情のコントロールの困難さ
心身面での不調
発達の偏りや発達の遅れに関する心配
育児の困難さ

“一隅を照らす”かかわり

「一隅(いちぐう)を照らす」というのは最澄の言葉です。社会には目に見える華やかな、あるいは日常的な表の活動の裏に、光が差さない部分もあります。社会の一隅を照らし、心の影の部分を支える活動をし、そのためには悩みや心の問題を抱えた方を見えないネットで包む環境も重要です。他の医療、福祉、教育機関などと連携し、地域の中で人の心を癒やし育み、その精神を持つ大学院生を育てていきたいと考えています。

室長:髙橋 昇

室長
髙橋 昇

愛知淑徳大学 心理学部 教授
心理臨床相談室 指導相談員
臨床心理士・公認心理師