HOME > 全体像について > カリキュラム3つのステージ

全体像について

カリキュラム3つのステージ

カリキュラムポリシー

 コンピュータ活用科目は、愛知淑徳大学の「違いを共に生きる」という教育理念を具現化する柱の一つである「役立つものと変わらないもの」を踏まえ、自らの責任で必要な知識や技能を修得し、自らの価値観と対応能力を内証できる、創造的で確かな情報基盤力を身に付けた人材の養成を目標としています。
また、明日の「役立つもの」としての資格取得も重んじ、目まぐるしく変化する国際化・情報化の時代において、自己の責任で問題解決するための情報活用の実践力を養っていきます。

コンピュータ活用科目の「カリキュラム3つのステージ」をご紹介します。コンピュータ活用科目の「カリキュラム3つのステージ」をご紹介します。