交流文化学科 言語分野

国籍や文化を超え、さまざまな価値観を認めあう。
多文化の共生に貢献できる人材を育てます。

多様な考え方、生き方を受け入れ、違いを認めあうことができる人材を育成します。「言語」「交流」「観光」の3分野からなる専門的な学びを深めると共に、個々の興味に合わせて横断的に科目を選択することで、さまざまな生き方や文化を理解し、広い視野から社会を捉える力を養います。また、海外研修をはじめとする体験の場も豊富に用意しています。

言語分野

言語・文化を深く理解し、高いレベルで活用します

英語、中国語、韓国・朝鮮語、それぞれの語学のスキルアップと文化を学ぶ専攻プログラムのほか、日本語教師を養成するための「日本語教育」を加えた4専攻プログラムを用意。海外研修やケーススタディを通して、異文化への理解を深めると共に実践的な言語活用能力を養います。


言語分野

交流文化学科の特色

1「交流文化」に関する学びを興味に合わせて選べます

人・地域・世界を理解し、多文化の共生に貢献する「交流文化」を学びます。学びの選択肢は、バラエティに富んでいます。「言語」「交流」「観光」の3分野を用意し、さまざまな角度から「交流文化」についてアプローチ。全体像を理解した上で、自分の興味や目標に合わせて科目選択することが可能です。

2体験的な学びの場を豊富に用意しています

学内での授業に加え、学外に出て実践することを重視しています。英語圏、中国語圏、韓国・朝鮮語圏にある協定大学での語学研修のほか、国内外でのフィールドスタディなど実践の場を豊富に用意。3分野すべてに体験学習を組み込み、学生の実践的行動力を高めます。

3得意分野や個性を活かし地域や世界へ貢献します

多様な学びを通して得た専門知識やスキルは、卒業後の可能性を大きく広げます。外国語による高度なコミュニケーション能力、異文化交流や社会貢献に関する知識と意識、観光資源や観光産業の知識やホスピタリティマインドなどを活かし、地域や世界の発展に貢献していきます。



ベストスコア

取得できる資格・免許

  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)

目標とする資格など

  • TOEFLⓇ・TOEICⓇのスコアアップ
  • 実用英語技能検定(英検)
  • 国際連合公用語英語検定(国連英検)
  • HSK試験(漢語水平考試)
  • 中国語検定
  • 韓国語能力試験
  • 通訳案内士(通訳ガイド)
  • 総合旅行業務取扱管理者
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • 旅程管理主任者

学部・大学院トップ