健康栄養学科

実践に役立つ「栄養」と「食」の専門知識を身につけ、病院や福祉施設などで幅広く活躍できる管理栄養士をめざします。

キャンパス内にある愛知淑徳大学クリニックは、内科・糖尿病内科、耳鼻咽喉科、眼科、心療内科・精神科を掲げ、地域住民の医療に貢献しています。その土壌を活かし、健常者をはじめ傷病者、高齢者、要介護者および障がい者など幅広い対象者の栄養ケアを担うことができる管理栄養士を育成します。

多職種連携を学内で学ぶ『在宅栄養管理実習』

在宅における多角的な栄養ケアを学修することを目的とし、管理栄養士、医師、歯科医師、言語聴覚士、視能訓練士という多職種の教員が授業をおこないます。言語聴覚学専攻や視覚科学専攻を擁する本学ならではの授業で、多職種との連携により管理栄養士がどのような立場でどのような指導をしていくのかについて学びます。

健康栄養学科

健康栄養学科の特色

1管理栄養士の実践力を養う豊富な実習科目

『早期体験学習』『在宅栄養管理実習』『臨床栄養学実習』など、チーム医療・多職種連携を視野に入れた実習科目と、学外の施設・機関でおこなう『臨地実習』を通して実践力を高めます。

2管理栄養士国家試験は全員受験、全員合格をめざします

国家試験を見据えた対策として、特別講義や模擬試験を実施。学生が自分の理解度と苦手分野を把握するために、模擬試験の頻度を高め、教員がきめ細かくフォローする体制を整えています。また、多目的演習室/国家試験対策室には、ライブラリーコーナーが隣接され、専門図書や国家試験科目の教科書、問題集を学生がいつでも閲覧できる環境です。

3幅広い分野に精通した講師陣がバックアップします

管理栄養士、医師はもちろんのこと、咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ)※の専門家である歯科医師や言語聴覚士、視機能の専門家である視能訓練士、スポーツ栄養学の専門家などが在籍します。多彩な講師陣によって、愛知淑徳大学ならではの学びを展開します。
※咀嚼・嚥下…食べ物を噛み、飲み込むこと。

取得できる資格・免許(予定)

  • 管理栄養士(国家試験受験資格)
  • 栄養士
  • 栄養教諭一種免許状※1
  • 健康運動実践指導者(受験資格)
  • 食品衛生管理者任用資格※2
  • 食品衛生監視員任用資格※2

※1 ただし、文部科学省における審査の結果、申請中の教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
※2 任用資格:採用後、特定の業務に任用される時に必要とされる資格

将来の活躍の場

医療・福祉の現場や学校、地域社会や企業など、管理栄養士の活躍の場は広がっています。

  • 医療機関
  • 高齢者施設
  • 障がい者施設
  • 学校・保育所・幼稚園
  • 食品開発企業
  • ドラッグストア
  • 製薬会社
  • 行政機関
  • 外食産業 など