「健康」のエキスパートになる

ライフステージにあった健康を維持する、「生涯健康」の実現をめざします。

ライフステージにあった健康を維持する、「生涯健康」の実現をめざします。

健康医療科学部の理念

「生涯健康」に支えられた生活という社会のニーズに応えるために、
健康や医療に関する幅広い知識とスキルを身につけます。

健康医療科学部では、高齢者や障がいのある人をはじめ、すべての人の生活の質の向上に貢献し、「生涯健康」社会の実現に貢献することを理念としています。
前身である医療福祉学部は、医療福祉サービスの社会的充実を教育目標に掲げ、「人権・健康・予防」を中核とした学習・研究を展開してきました。中でも言語聴覚学専攻・視覚科学専攻は、コミュニケーション障がい者や視機能障がい者の生活を支援する、「言語聴覚士」、「視能訓練士」の養成を目的とし、地域の医療に貢献してきました。
近年、社会保障制度の存続が危ぶまれ、医師不足が深刻化するなど、医療を取り巻く環境が厳しくなってきています。こうした状況を背景として、すべての国民が生涯にわたって心豊かに健やかに暮らせる社会を実現するためには、一人ひとりが健康に対する意識を高め、心身の健康に関する正しい理解をもつことが大切です。この現状を受け、スポーツ・健康医科学科は、人々の健康の維持・増進をトータルに支援・指導できるリーダーの育成に力を注ぎます。

カリキュラムの特色

「学部基礎科目」で医学的な基礎知識を固めた上で、
各学科・専攻の専門領域の学習を積み重ねます。

健康医療科学部では、健康医療科学分野の全般的な知識・技能をすべての学部生が身につけるために「学部基礎科目※」を設置しています。人体の構造やメカニズムを理解する基礎医学、病気のなりたちや治療法を学ぶ臨床医学の2つの専門分野を中心に、感覚、知覚、認知のメカニズムに迫る心理学や体力づくりに欠かせないスポーツ科学、食品と健康の関わりを学ぶ栄養学など、幅広い学問領域を横断的に学修します。
基礎から応用、発展にいたる、段階的で体系的なカリキュラムを通して、言語聴覚学専攻は言語聴覚コミュニケーションの分野で、視覚科学専攻は視機能評価やロービジョンの分野で、スポーツ・健康医科学科は心身の健康づくりの分野で、トータルな支援・指導のできるリーダーとして、それぞれに高度な専門性と確かな臨床能力を身につけることができます。

※ 健康医療科学部「学部基礎科目」
基礎
健康医療科学の背景となる分野・事項について学習する科目群 公衆衛生学(衛生学含む)、社会福祉・社会保障制度、栄養生化学、生命と倫理、統計の基礎
技術
健康医療科学の基礎的な科学的技術を学習する科目群と職業人としてのキャリア形成について考える科目群 健康科学統計演習、レクリエーション概論、心理アセスメント演習、対人技術演習、キャリアデザイン(健康医療科学)
心理学
健康医療科学の基礎を構成する、人間の感覚、知覚、認知、発達に関する理解を深める科目群 実験心理学、認知・学習心理学、臨床心理学、生涯発達心理学
医科学
健康医療科学の基幹教養である基礎医学と臨床医学の導入部を学習する科目群 基礎医学入門Ⅰ(医学総論・病理学)、基礎医学入門Ⅱ(解剖学・生理学)、臨床医学入門Ⅰ(内科学・精神医学・小児科学)、臨床医学入門Ⅱ(臨床神経学)、臨床医学入門Ⅲ(リハビリテーション医学)、神経系の構造・機能・病態、遺伝と疾病、脳科学・画像診断学

求める学生像

健康や医療について探究していく、意欲や自立心、行動力が必要となります。

健康医療科学部は、言語聴覚リハビリテーション、視能矯正・視能訓練の専門家である医療人の養成と、教員を含めた、心身の健康に関する広範な知識をもった生涯健康社会のリーダーの育成をめざしています。上記の目標を達成するために、入学者には次の4点の素養、能力を習得していることを期待します。
(1)医療を含め、健康維持や健康回復に関する高い関心をもち、将来、こうした分野の専門家として社会貢献する強い意思を有していること。
(2)病気や障がいのある人、高齢者などに対して、「違いを共に生きる」という大学の理念に基づき、尊敬と人権尊重の精神をもち、日常的な生活においても、こうした精神を実践できるような人間性を有していること。
(3)新しい知識や技能の習得に積極的で勉強熱心であり、科学的思考力、論理的思考力、実践的行動力を習得することに積極的であること。
(4)人間関係において、適切な自尊感情をもつとともに、他者を尊重し、良好な関係を築くことのできるコミュニケーション能力を習得していること。
また、本学部では、文系・理系、スポーツ実技の得意・不得意は問いません。学修への意欲と高い志をもつ人を待っています。

卒業後の進路

健康医療科学部の学生は、それぞれの専門分野を活かして多種多様なフィールドで活躍することができます。

医療貢献学科言語聴覚学専攻の卒業生は、言語聴覚士として、また、医療機関や保健・福祉機関、教育機関など幅広いフィールドで、視覚科学専攻の卒業生は視能訓練士として医療機関で活躍することができます。
スポーツ・健康医科学科の卒業生は医療、スポーツ、食品、教育をはじめとして幅広く「健康」の分野で活躍することが期待されます。
健康への関心とニーズがますます高まるなか、医療や健康に関する専門的な知識やスキルは、どのような業界や業種であっても、また人生のいかなる場面においても、大いに役立ちます。

トピックス一覧へ

2016年05月20日スポーツ・健康医科学科

大学で身につけた行動力を発揮し、 観光大使として岡崎の魅力を発信

2016年03月28日スポーツ・健康医科学科

教員採用試験合格体験報告会

2015年12月21日総合

愛知淑徳学園創立110周年・愛知淑徳大学開設40周年記念行事 講演会&チャリティコンサート

2015年09月15日総合

健康医療科学部(2016年度以降)のページを更新しました。

2015年07月08日スポーツ・健康医科学科

学術講演会 「オリンピック選手を支える栄養サポート」

学科紹介

医療貢献学科 言語聴覚学専攻

医療貢献学科 言語聴覚学専攻

やさしさと強さを育み、国家資格である言語聴覚士の資格取得をめざします。

医療貢献学科 視覚科学専攻

医療貢献学科 視覚科学専攻

すぐれた技術、科学的思考を身につけ、"見る"をサポートする視能訓練士へ。

スポーツ・健康医科学科

スポーツ・健康医科学科

心と身体の健康をめざして生涯健康社会のリーダーを育成します。

健康栄養学科

健康栄養学科

実践に役立つ「栄養」と「食」の専門知識を身につけ、病院や福祉施設などで幅広く活躍できる管理栄養士をめざします。

学部・大学院トップ