人間情報学科 図書館情報学専修

人が感じる心地よさを心理学と情報学で捉え、
ユニバーサルデザインを考えます。

人間情報学科では、「ユニバーサルデザイン=すべての人にやさしいものづくり」について考えます。例えば、誰でも簡単に操作できるウェブサイトやスマートフォン、危険をわかりやすく伝える絵文字や音、子ども向け知育アプリ・学習ゲーム、誰でも利用できる読書環境など。人や社会に役立つ商品やサービスを生み出す上で、心理学や情報学を活用し、ユーザーの感覚や心理について科学的に捉えることを学びます。卒業後は、システムエンジニア、プログラマ、ウェブデザイナー、販売スタッフ、広報宣伝、図書館司書、学芸員など幅広い分野で活躍することが可能です。

図書館情報学専修

さまざまな情報を分析・理解し、情報資源をマネジメントします

読書、人と人とのコミュニケーション、情報の検索・情報利用について、実証的に分析・理解します。多様な情報資源をマネジメントするための知識やスキルを学び、司書として、また情報に価値を見出す企業で活躍できる能力を身につけます。

情報デザイン・図書館情報学専修

人間情報学科の特色

13つの専修に分かれ専門分野の知識を深めます

「情報デザイン・システム」「心理情報」「図書館情報学」の3つの専修を用意しました。入学時にはコース分けせず、1年次で各専修の学びの領域を理解します。2年次からひとつの専修を選択し、専門分野の知識を深めていきます。

2豊富な実習・演習などを通して論理的な思考を養います

人間心理の検証、感性をもとにした情報検索の考察、情報サービスや商品の設計など、専門的な技術を修得し、実証的かつ論理的な思考も養います。また、グローバルな学生交流を目的に北京大学信息管理学部と交流協定を締結しています。

3特色ある教育プログラム・資格取得プログラムを豊富に用意

SE養成、認定心理士の資格取得、デジタルメディアに強い図書館員や学校図書館司書の養成など、特色ある教育プログラム・資格取得プログラムを導入しています。実社会の即戦力となり得るスキルを身につけ、卒業後の進路に活かします。

取得できる資格・免許

  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
  • 学校図書館司書教諭
  • 図書館司書
  • 学芸員
  • 認定心理士

目標とする資格など

  • ITパスポート試験
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • CGクリエイター検定
  • Webデザイナー検定
  • CGエンジニア検定
  • 画像処理エンジニア検定
  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター検定
  • マルチメディア検定
  • 検索技術者検定(旧:情報検索応用能力試験)
  • ファイリング・デザイナー検定

学部・大学院トップ