「ひと」って、おもしろい

「ひと」を見つめ直し、「ひと」らしく生きられる社会の創造に貢献できる人材を育成します。

心理学部開設の経緯・目的・理念

「ひと」が「ひと」らしく生きることができる社会の創造をめざします。

心の問題が大きくクローズアップされる現代社会のニーズに応え、愛知淑徳大学の心理学部は、前身である文学部コミュニケーション学科、コミュニケーション学部コミュニケーション心理学科の歴史をふまえて開設されました。心理学とひとくちに言っても、その研究領域は実にバラエティに富んでいます。心理学部では、より幅広い領域の心理学を専門的に学ぶことができる4つの領域を用意しました。人間がものごとを認識するメカニズムを探究する「生理・認知心理学領域」、さまざまな人間関係の力学を研究する「社会心理学領域」、子どもが大人になり、年を重ねていく生涯の心の変化を見つめる「発達心理学領域」、心に痛みを抱える人を支える「臨床心理学領域」。はじめからひとつの領域に絞り込まずに、4つの専門領域すべてを幅広く学ぶことによって、ひとつの問題をさまざまな角度から眺め、人間の心をより深く見つめる力を育み、「ひと」が「ひと」らしく生きることができる社会の創造を可能にする人材を育成します。

学びの内容

4領域を総合的に学び、心理学の幅広い専門知識を習得します。

心理学部では、現代心理学における主要な領域である「生理・認知」「社会」「発達」「臨床」の4領域を学修の柱にしています。特定の領域に偏ることのない柔軟な教育をめざしているため、コース分けはおこなっていません。すべての学生が幅広い心理学の専門知識を身につけ、「ひとのこころ」を総合的に理解できるようにカリキュラムを構成しています。実習科目も充実させ、客観的なデータの収集・分析・考察を通して科学的に「ひとのこころ」を理解することによって、論理的な思考能力や実践力を養います。
また、臨床心理士第1種指定大学院の認定を受けている愛知淑徳大学大学院 心理医療科学研究科 臨床心理学コースとの連携を強化し、臨床心理士の資格取得も強力にサポートします。心理臨床実践の積み重ねと個別指導によって心理学部での学びを発展させ、将来の実践基盤となる対象理解と面接、コミュニティ支援の能力を総合的に習得することが可能です。

卒業後の進路

実社会で役立つ能力を育成します。

心理学部の魅力のひとつは、実社会の多様な分野で役立つ能力を身につけられることです。多岐にわたる心理学の領域から幅広い豊富な専門知識を身につけることで、多角的な視野を養い、また仮説検証のプロセスを繰り返す研究方法によって実社会の多様な問題を科学的に捉える論理性を身につけます。さらに少人数でおこなう演習形式の授業を通して他者を理解する力や適切な自己表現力などを養うことができます。
卒業論文作成へ向けての4年間を通して、「人間の行動と心についての理解力」「実証的分析力・論理的思考力」「問題発見・解決力」「コミュニケーション力」という実社会で役立つ4つの力を身につけます。

幅広いフィールドで活かせる専門性を身につけます。

卒業後は、公的機関の心理職、一般企業の人事、教育、広報など人間心理を読み解く能力が求められる分野、調査会社や情報関連企業など統計処理やデータ分析のスキルが活かせる分野、対人関係への関心が強く求められる営業や販売の分野など幅広いフィールドで専門性を発揮することが可能です。また大学院に進学して臨床心理士の資格取得をめざす道も拓かれています。

学科紹介

心理学科

心理学科

4つの専門領域から“人のこころ”にアプローチ。心理学を研究し、論理的に考える力を引き出します。

学部・大学院トップ