心理学科

4つの専門領域から“人のこころ”にアプローチ。心理学を研究し、論理的に考える力を引き出します。

人のこころをさまざまな角度から捉えるために、「生理・認知」「社会」「発達」「臨床」の4領域を学びます。専門的な実験・実習などを通して高度な心理学の研究をすると共に、研究成果を的確に伝える力を身につけ、実社会で活躍できる人材を育成します。愛知淑徳大学大学院へ進み、臨床心理士の受験資格を得ることも可能です。

心理学科

心理学科の特色

14つの専門領域すべてが学べます

「生理・認知」「社会」「発達」「臨床」の4つの専門領域を用意。幅広い専門知識を身につけるため、コース分けはおこなわず、4領域を総合的に学びます。専任教員を十分に配置し、基礎教育に対しても手厚いフォローをしています。

2研究に必要なデジタルスキルが身につきます

心理学を研究するにあたり、自分でテーマの選定や実験などをおこない、卒業論文という形でまとめます。そのために必要な実験データの処理能力を徹底的に身につけます。また、研究成果を伝えるためのプレゼンテーション能力も修得します。

3豊富な専門機器による実験・実習が充実

脳波を測定するシールドなどの実験機器、人の行動を観察する実習室などを豊富に揃えています。これらを活用して実験・実習をおこなうことで、テクニックを修得するだけではなく、心理学研究の流れを身につけることも目的としています。

取得できる資格・免許

  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

学科の学びが役立つ資格など

  • 認定心理士
  • 臨床発達心理士
  • 臨床心理士
  • 心理学検定(日本心理学諸学会連合)

これまでに205名が臨床心理士に合格しました(1998〜2015年度)

愛知淑徳大学大学院 心理医療科学研究科 臨床心理学コースと連携し、臨床心理士への道をバックアップしています。 2015年度の合格者数は18名でした。