HOME > 国際交流センター > 本学の留学制度 > 単位修得留学制度

国際交流センター

単位修得留学

単位修得留学とは

 交流協定校以外の大学(語学学校・専門学校は対象外)での修得単位が本学の単位として認定される制度です。ただし、留学先大学で語学コースのみを履修した場合は、本学の単位として読替えることはできません。自分で希望する大学へ出願して入学許可を得たうえで、学内の単位修得留学審査に認定されることが条件です。
 この場合、4年間で卒業は可能ですが、留学先大学の授業料と本学の授業料・教育充実費の双方を支払う必要があります。国際交流センターで配付している『海外留学の手引き』も参照してください。

単位修得留学をするために必要なこと

申請時期 当該年度前期に出発する場合は前年度の12月末まで、後期に出発する場合は5月末までに下記の申請書類一式を国際交流センターまで提出すること。
※それ以外の時期の方は国際交流センターにご相談ください。
申請書類 (1) 愛知淑徳大学単位修得留学願書(所定様式)
(2) 志望理由書(所定様式)
(3) 履修計画書(所定様式)
(4) 成績通知書の[和文]の写し
(5) 留学先大学の入学許可書の写し
(1) 〜 (3) の所定様式は国際交流センターで受け取る。
申請手続きの流れ
  1. 所属学部の学科、専攻またはコースの教務委員に申請書類一式を提出し、履修計画書について相談・確認後、学科、専攻またはコースの主任に申請についての承認を得る。
  2. 申請書類一式を国際交流センターへ提出する(提出期限は申請時期を参照してください)。
  3. 学内認定審査を経て、単位修得留学許可を得る。
出発前・帰国後の
オリエンテーション
単位修得留学生として認定された場合、出発までの間に国際交流センターで3回程度実施されるオリエンテーションに参加すること。帰国後は帰国報告書を国際交流センターに提出する。報告書の様式はセンターで留学までに配付する。