HOME > 国際交流センター > 本学の留学制度 > 複数学位取得プログラム

国際交流センター

海外の大学(協定校)との複数学位取得プログラム −天津外国語大学(中国)−

複数学位取得プログラムとは

 複数学位取得プログラムは、愛知淑徳大学と天津外国語大学(中国)の双方から学位を取得することを目指す制度です。当プログラムを履修する学生は、本学と天津外国語大学の双方に学籍を持ち、原則として本学で2年間学んだあと、残りの2年間を留学先の天津外国語大学で学び、合計4年間(最短)で2つの学位の取得を目指します。本学の学生は留学生として天津外国語大学に在籍します。

2017年度スケジュール

時期 主な内容
2017年10月〜11月 留学オリエンテーション開始(出発まで定期的に実施)
天津外国語大学への入学書類準備(10月下旬までに作業を行なう)
留学先での履修についての確認(履修科目一覧の見直し)
2017年11月〜12月 健康診断の受診→健康診断証明書を取得
危機管理及び海外旅行傷害保険ガイダンスの実施→保険に加入
複数学位取得プログラム派遣留学生認定式への参加
2018年1月 渡航手続き(航空券の手配)
ビザの申請手続き(名古屋総領事館で手続きをします)
2018年2月 出発(出発日の詳細は現地から届く入学許可書に記載されてきます)
各学期開始後 履修科目内容の報告
当初の履修計画に変更があった場合は、所属学科/専攻/コースの教務委員とアドバイザーに報告し、指導を受けること。及び、国際交流センターまで所定の変更届を提出すること。(メール添付にて)
2020年1月上旬 留学終了、帰国

単位認定申請手続き(教務課/教学課が窓口)
*『単位認定申請書』、『成績証明書』、『授業概要(シラバス)』、『履修科目報告(各自日本語で作成)』、その他参考資料
帰国報告書等の提出(国際交流センターが窓口)
帰国報告書集作成
後輩留学生のサポート
2020年5月下旬 学位取得報告書の提出(国際交流センターが窓口)
学位記はセンターより郵送します。

募集要項

定員 5名
募集対象 2016年度に入学した全学部学生(2年生)
(ただし、2015年度に入学した学生であっても、これまでに1年間休学していた学生は募集対象とする。)
留学期間 2018年2月〜2020年1月(2年間)
留学内容 このプログラムは、本学で1・2年次に修得した所定の単位数を天津外国語大学にて認定を受け、天津外国語大学から提供される漢語国際教育専攻プログラムにおいて所定の単位数を修得し、60単位を上限に本学の単位として認定を受けることによって、最短4年間で本学と天津外国語大学の2つの学位を取得するものである。
※詳細は別冊資料『海外留学の手引き2017』を参照すること。
宿舎 大学寮
留学費用 留学先での授業料は免除。生活費は個人負担。
応募条件
  • 1・2年次に中国語を精力的に学修し、複数の学位を取得する意欲のある学生
  • GPA(通算)2.3ポイント以上
  • HSK3級以上、もしくは語学科目(別紙参照)のGPA2.3以上
  • 2年生後期終了時点で70単位以上修得見込みであること
出願期間 2017年9月1日(金)〜 2017年9月15日(金)
出願書類 2017年9月 15日(金)17:00までに、以下の書類をまとめて各キャンパスの国際交流センターへ提出すること。
<提出書類>
  1. 複数学位取得プログラム願書(所定用紙 様式1)
  2. 複数学位取得プログラム志望理由書(所定用紙 様式2)
  3. 複数学位取得プログラム履修計画書(所定用紙 様式3)
  4. 成績証明書(原本)※2016年度前期までの成績が記載されているもの
  5. 履修登録確認票 ※2016年度前期の登録内容が記載されているもの
  6. 中国語の語学試験結果の証明書(原本のコピー)※持っている者のみ
選考試験日 2017年9月29日(金)18:30〜20:30(終了予定)星が丘キャンパスにて実施
選考方法 以下を総合的に評価して選考する。
  1. 書類審査
  2. 中国語筆記試験
  3. 面接試験(中国語、日本語)