地域のみなさんと本学学生が協同制作した映画を上映します

長久手百年森映画祭では、「100年先(未来)のこどもたちへ送るメッセージ」として、地域と愛知淑徳大学の学生が協同で制作した映画「未来(100年後)へのとびら」の上映をいたします。

◆日時 2014年10月16日(木) 18時30分開場   19時00分開演
◆会場 長久手市文化の家 森のホール

「映画による地域デザイン」を研究する人間情報学部講師 石丸緑先生が総合プロデューサーとシナリオの監修を務め、制作スタッフ、メインキャストを本学学生たちが務めています。
2014年2月より活動をスタートし、8月~9月長久手市内、本学内で撮影し、完成しました。

当日は、映画(40分)上映の後、本学学生も参加してのトークショー、映画テーマ音楽のミニライブもあり、21時00分終了予定です。
ゲストで、池田恒興役の俳優・憲俊さんも参加されます。
入場は無料です。