都市環境デザイン専修「堀部安嗣展 建築の居場所」愛知巡回展

 この展覧会は、TOTO株式会社が運営する「TOTOギャラリー・間」(東京・乃木坂)で開催された展覧会を、本学 都市環境デザイン専修の 学生が愛知巡回展として再構成したものです。
 学部3年生を対象とした授業「デザインワークショップI」の受講生が会場計画・施工を担当し、本年度は「堀部安嗣展 建築の居場所」愛知巡回展を開催致します。
 日本を代表する建築家と学生とのコラボレーションを是非ご覧ください。

展覧会

「堀部安嗣展 建築の居場所」愛知巡回展
開館日時 2017年9月2日(土)〜9月17日(日) 会期中無休
     10:00-19:00 入場無料
会場   愛知淑徳大学 長久手キャンパス 8号棟5階プレゼンテーションルーム
     〒480-1197 愛知県長久手市片平二丁目9
     名古屋市営地下鉄東山線「本郷」駅より名古屋市営バス「猪高緑地」行き終点下車
主催   愛知淑徳大学 メディアプロデュース学部 都市環境デザイン専修
     愛知淑徳大学メディアプロデュース学会
協力   TOTOギャラリー・間、(株)アケボノアートワークス

講演会

堀部安嗣講演会「建築の居場所」
日時   2017年9月9日(土)14:30開場/15:00開演/17:00終演(予定)
会場   愛知淑徳大学 長久手キャンパス 5号棟511教室
定員   280人/参加無料
参加方法  当日先着順
主催   愛知淑徳大学 メディアプロデュース学部 都市環境デザイン専修
協力   TOTOギャラリー・間
講師   堀部安嗣氏/堀部安嗣建築設計事務所

講師プロフィール
堀部安嗣(ほりべ・やすし)
1967年 神奈川県横浜市生まれ。1990年 筑波大学芸術専門学群環境デザインコース卒業。1991-94年 益子アトリエにて益子義弘に師事。1994年 堀部安嗣建築設計事務所を設立。2002年 第18回吉岡賞を「牛久のギャラリー」で受賞。2007年-京都造形芸術大学大学院教授。2016年 日本建築学会賞(作品)を「竹林寺納骨堂」で受賞。代表作に「南の家」(1995年)、「ある町医者の記念館」(1995年)、「伊豆高原の家」(1998年)、「KEYAKI GARDEN」(2008年)、「イヴェール ボスケ」(2012年)、「阿佐ヶ谷の書庫」(2013年)、「竹林寺納骨堂」(2013年)、「鎌倉山集会所」(2015年)など。著作に『堀部安嗣の建築-form and imagination』(2007年、TOTO出版)、『書庫を建てる』(2014年、新潮社)、『堀部安嗣作品集1994-2014 全建築と設計図集』(2015年、平凡社)など

関連書籍『堀部安嗣 建築を気持ちで考える』(発行日:2017年1月発売 発行:TOTO出版)
展覧会会場にはブックショップ(正文館書店)を併設予定です。
関連書籍以外にも、堀部安嗣氏の書籍中心に、建築・デザイン系の図書を取り揃える予定です。


展覧会へご来場の際は、一旦[正門守衛室]へお立ち寄り下さい。
来場者用駐車場[北門]の駐車台数には限りがありますので公共交通機関をご利用下さい。

〈お問い合わせ〉
 愛知淑徳大学 建築・インテリアデザイン専攻 準備室
        TEL 0561-62-4111(内線2840・2848)/FAX 0561-63-1996
 Web : http://www.aasa.ac.jp/souzou/moai/horibe-aichi別ウィンドウで開きます。

「堀部安嗣展 建築の居場所」愛知巡回展


「堀部安嗣展 建築の居場所」愛知巡回展