宮本 久美子 / みやもと くみこ

メッセージ

少しさかのぼって建築を志した頃の話をします。
私も愛知淑徳大学の学生でした。かつて建築・インテリアデザイン専攻が『トシカン』という愛称で呼ばれていた都市環境デザインコース4期生です。大学での4年間は毎日が充実した日々でした。
振り返ると、時に課題の海に溺れながら、アイデアを絞り出せずに暗い沼を彷徨いながら過ごしていた姿が思い浮かびます。一見、それって楽しかったのか?という感じですね。しかしながら、幼少期から十数年間続いたどの“学び”よりもワクワクする充実した内容でした。課題の海の先には『知識』と『評価』が待っていましたし、アイデアの黒い沼の先には『ひらめき』と『評価』が待っていました。逆に少しでも妥協をして楽をしたときは全く楽しくありませんでした。
楽≠楽しいです。どうかたくさん苦しんでもがいてください。卒業生として、助手としてみなさんをサポートしていきます。

 

設計作品

略歴

2006     愛知淑徳大学現代社会学部都市環境デザインコース卒業(4期生)

2008     愛知淑徳大学大学院現代社会学研究科博士前期課程修了

2008-2014   D.I.G Architects

2014-        302アーキ設立

一級建築士

受賞

2014 わが家のリフォームコンクール 特別賞

2014 愛知建築士会名古屋北支部第6回建築コンクール「支える建築」佳作

2018 愛知建築士会名古屋北支部第9回建築コンクール「つくろう建築」古谷賞

2018 わが家のリフォームコンクールすまいる愛知賞 UR都市機構中部支社長賞