メディアで取り上げられている本学学生の行為について

 3月8日(金)に集客施設で本学学生がとった不適切行動・言動が、インターネット上で取り上げられています。本学では、当該学生に事実関係を確認したところ、 Twitterへの投稿内容に不適切な表現等が含まれ、実際に行った以上の内容を書き込んでいたことが判明しました。
 報道で取り上げられているような、アトラクションを停止する等の迷惑行為に当該学生がかかわった事実はないことが確認されました。しかし、誤解を与えるような言動に対して深く反省を促すために、厳しい譴責をおこないました。
 併せて本学では、この件に鑑み、社会人としてのマナー、SNSの使用マナー等について教育的課題として、今後実効ある措置をおこなって参ります。

愛知淑徳大学 学長  島田 修三