ニュース

平成29年度一般入試(A方式・B方式)受験上の注意および入学試験当日の問い合わせ先について

受験上の注意(一般入試A方式・B方式)

1.所持品について

使用できるもの 使用できないもの
  • ・受験票・写真票
  • ・HBの黒鉛筆(英文や和歌・格言などが書かれていないもの)
  • ・シャープペンシルと替えの芯
  • ・消しゴム
  • ・鉛筆削り(電動式・大型のもの・ナイフ類を除く)
  • ・時計
    〔辞書や電卓、端末機能があるもの・それらの機能の有無が判別しづらいもの・秒針音のするもの・キッチンタイマー・大型のものを除く〕
  • ・眼鏡
  • ・ハンカチ
  • ・ティッシュペーパー(袋から中身だけ取り出したもの)
  • ・目薬

〈監督者の許可を得てから使用するもの〉

  • ・座布団
  • ・ひざ掛け
  • ・電卓
  • ・定規
  • ・コンパス
  • ・携帯電話(スマートフォン、腕時計型端末を含む)
  • ・翻訳機
  • ・電動式鉛筆削り
  • ・下敷き

2.入試方式および教科(科目)の変更について
出願時に申告した教科(科目)を受験してください。入試方式や受験教科(科目)の変更はできません。

3.解答上の注意

  • 解答には、「HBの黒鉛筆」「消しゴム」を使用してください。

4.試験時間中の注意

  • (1)試験時間中は、監督者の指示に従ってください。従わない場合は退室させることがあります。
  • (2)試験時間中に、監督者が写真票と受験者の顔の確認をおこないます。「マスク」や「帽子」を着用している場合は、不正行為防止のため、一時的に外してください。
  • (3)原則として、試験終了まで退室は認めません。体調不良、手洗い等やむを得ない場合は、手を挙げてください。途中退出しても、試験時間の延長はありません。
  • (4)試験時間中に日常的な生活騒音(監督者の巡回による足音・試験監督業務上必要な打ち合わせ、航空機・自動車・風雨・空調の音、周囲の受験者のせき・くしゃみ・鼻をすする音、携帯電話や時計の短時間の鳴動、照明の点滅、周囲の建物のチャイム音など)が発生した場合でも、時間延長等の救済措置はおこないません。

試験室入室可能時間

  • 試験室への入室時間は、下記のとおりです。入室時間まで各試験室には入室できませんので、受験者控室で待機してください。
  • 受験しない教科の試験時間帯は、受験者控室で待機してください。
  第1限 第2限 第3限 第4限
試験科目 数学 国語 英語 地歴・理科
入室可能時間 8:30~ 10:45~ 12:35~ 14:50~

入学試験当日の問い合わせ先について

「一般入試(A方式・B方式)」の試験当日の問い合わせについては、下記へご連絡ください。
 ■ 星が丘キャンパス ・・・ (052)781-1151(代表)