AHSMEC 愛知淑徳大学 健康・医療・教育センター

地域医療貢献|健康相談室

医療講演会のご案内

健康や医療に関する情報をお伝えします。

健康や医療に関する情報をお伝えします

地域のみなさまを対象とした「定例医療講演会」を定期的に開催いたします。健康づくりや病気の予防に役立つさまざまな情報をわかりやすくお伝えし、より適切な医療を提供するための広報・啓蒙活動に力を注ぎます。

※愛知淑徳大学健康相談室では、講演会に参加していただいた際、講演内容についての質問のみを相談会形式で受け付けます。医療従事者がみなさまの個々の健康に関する相談に応じることはいたしません。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

2017年度 定例医療講演会のご案内

2018年
317日 (土)

定例医療講演会特別企画を開催します。

愛知淑徳大学 健康医療科学部 健康栄養学科共催講演会

「子どもの食と栄養を考える
―食を通して育つもの、育てたいもの―」

愛知淑徳大学 健康相談室では、今年度も定例医療講演会特別企画を開催いたします。

今年度は、2017年4月から新たに愛知淑徳大学に誕生した管理栄養士養成の健康栄養学科との共催で、「子どもの食と栄養を考える」というテーマの下、2名の管理栄養士がそれぞれの専門領域から子どもの食と栄養を取り上げてお話しいたします。

なお、今回は特別講師として、相模女子大学より保健栄養学や母子栄養学を専門とし、乳幼児の食の専門家でもいらっしゃる堤ちはる先生をお招きします。

多くのみなさまのご参加を心よりお待ちしています。

日時平成30年3月17日(土)
13:00~15:00
会場 愛知淑徳大学長久手キャンパス 512教室

定員100名(先着順) 参加費 無料
申込締切
3月14日(水)17:00 必着

第1部(30分)

講演テーマ 「子どもの食生活・栄養の現状と問題点」

榎 裕美

講師
榎 裕美愛知淑徳大学健康医療科学部健康栄養学科 教授
プロフィール
管理栄養士、博士(医学)
名古屋大学大学院医学系研究科医学博士課程修了
2013年から2014年にかけ、厚生労働省「2015年版 日本人の食事摂取基準対策検討会」のワーキンググループ協力委員を務める。
2014年より厚生労働省「地域栄養ケア活動支援整備事業」評価委員を、2017年からは日本栄養改善学会「管理栄養士の教育のあり方委員会」委員も務めている。

第2部(60分)

講演テーマ 「子どもにとって、なぜ「食」は重要なのか
―食を通して育つもの、育てたいもの―」

堤 ちはる

講師
堤 ちはる 先生相模女子大学 栄養科学部 健康栄養学科 教授
プロフィール
管理栄養士、保健学博士
専門は保健栄養学、母子栄養学
日本女子大学家政学部食物学科卒業、同大学大学院家政学研究科修士課程修了
東京大学大学院医学系研究科保健学専門課程修士・博士課程修了
青葉学園短期大学専任講師、助教授、
その間米国コロンビア大学医学部留学、
恩賜財団母子愛育会 日本子ども家庭総合研究所母子保健研究部 栄養担当部長を経て、2014年より、相模女子大学栄養科学部健康栄養学科 教授、同大学大学院栄養科学研究科 教授 兼務
委員歴(厚生労働省)
・「社会保障審議会児童部会保育専門委員会」委員(2015~2016)
・「平成27年度乳幼児栄養調査企画・評価研究会」委員(2014~2015)
・「保育所における食事の提供ガイドライン作成検討会」座長(2011~2012)
・「授乳・離乳の支援ガイド策定に関する研究会」委員(2006~2007) 他

2017年度 医療講演会のレポートを見る

2016年度 定例医療講演会のご案内

定例医療講演会
特別企画
愛知淑徳大学クリニック共催講演会
「糖尿病について」

このたび定例医療講演会特別企画として、愛知淑徳大学クリニックとの共催講演会を開催します。
今回のテーマは「糖尿病」。近年、大変身近な病気となった糖尿病について、経験豊かな医師2名と管理栄養士が各々の専門領域の視点から解説します。基礎知識はもちろん、知っておきたい予防法、日々の食生活の大切さなど、耳よりな情報を楽しく分かりやすくお伝えします。
多くのみなさまのご参加を心よりお待ちしています。

講演者

  • 井口 昭久

    健康医療科学部 教授、健康相談室 室長、愛知淑徳大学クリニック 糖尿病内科医師

    講演テーマ

    老化と糖尿病
    ~ドクター井口の爆笑解説~
  • 植村 和正

    愛知淑徳大学クリニック 糖尿病内科医師

    講演テーマ

    日常生活管理による肥満・糖尿病予防
    ~イラストでわかる日常生活のポイント~
  • 服部 しげこ

    健康医療科学部 助手、愛知淑徳大学クリニック 管理栄養士

    講演テーマ

    美味しく食べて糖尿病予防
    ~適糖生活のススメ~
日時2017年3月25日(土)
13:00~15:30
会場 長久手キャンパス ミニシアター

定員100名
(先着順・事前申し込み制)
参加費 無料

2016年度 医療講演会のレポートを見る

2014年度後期日程表(各回定員45名)

第1回
「ありのままの自分でいいの?悪いの?
―『アナと雪の女王』に子どもの心が共鳴する訳―」
日時10月30日(木)
10:30〜12:00
講演者

心理臨床相談室 室長
心理学部 教授 臨床心理士

後藤 秀爾

子どもから大人まで、社会現象と言えるほどブームになっている『アナと雪の女王』ですが、特に児童期から思春期にかけて女の子が求めている心の物語として捉えてみると、女の子のみならず、現代の子どもたちの抱える心の課題の一端が見えてきます。
そこには大人たちの生き方にかかわる部分もあり、参加者の皆さん方と、年齢・性別を超えて共に考えてみる価値のある素材だと思います。

申込締切
10月23日(木)

お問い合わせはこちら

第2回
「補聴器の活用について」
日時11月4日(火)
11:00~12:30
講演者

愛知淑徳大学クリニック 教授
耳鼻咽喉科 医師

平山 肇

耳鼻咽喉科では、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い患者さんの診療をしています。今回は、加齢による難聴でお困りの方へ、補聴器の活用についてやさしく解説します。
加齢性難聴は、加齢による聴覚機能の不可逆的衰退現象で、特徴として、穏やかな進行、初期の難聴自覚の乏しさなどがあります。聞き取りにくさが日常生活上で支障となる場合、補聴器は聴覚補償においてもっとも重要な機器であり、その活用には適切な補聴器適合判断が必要です。
そのための補聴器適合検査や装用耳の決定などについても解説します。

申込締切
10月28日(火)

お問い合わせはこちら

第3回
「手軽にできる見易くなる工夫
 ―体験による見え方の理解―」
日時11月20日(木)
13:00~14:30
講演者

視覚科学専攻 教授
クリニック 視能訓練士

川瀬 芳克

眼鏡をかけても新聞の字が十分には見えない視力になり、日々の生活に不自由することがあります。
そんな時、少し見易くなる工夫を紹介します。
ごく簡単な体験もしていただけます。

申込締切
11月13日(木)

お問い合わせはこちら

第4回
「認知症のコミュニケーション障害支援のために」
日時12月5日(金)
13:30~15:00
講演者

言語聴覚学専攻 教授
クリニック 言語聴覚士

鈴木 朋子

高齢化社会を生きる私たちにとって、「認知症」は、避けては通れない身近な問題となっています。認知症のコミュニケーション障害支援をテーマに、認知症におけるコミュニケーション障害の実際とその評価の仕方をご紹介し、予防及び対応方法について考えてみたいと思います。認知症に対する不安や恐れが少しでも軽減され、認知症に対する前向きな視点を持っていただければ幸いです。

申込締切
11月28日(金)

お問い合わせはこちら

第5回
「こころを健康的に成長させるこころの発達課題について」
日時12月17日(水)
13:30〜15:00
講演者

心理学部 准教授
クリニック 心療内科・精神科 医師

伊藤 真理

ヒトの身体はご存知の様に、大人に向けて成熟をし、その後次第に老化という衰退をします。
しかしヒトのこころは、生涯にわたり成長を続けると言われています。そしてこころの成長には、各年代ごとに成長の目標となる課題が存在します。ここでは参加される皆さんの年代のこころの発達課題を中心に紹介をし、大人のこころを健康的に成長させること、そしてその健康を維持するためのお話をさせて頂きます。心身ともに健康に生活するひとつのヒントとなればと思います。

申込締切
12月10日(水)

お問い合わせはこちら

第6回
「現代社会と心の病 ―神経症の現在―」
日時1月6日(火)
10:00~11:30
講演者

学生相談室 室長
スポーツ・健康医科学科 教授
精神科 医師

諏訪 真美

現代社会に生きる我々は、様々な心のトラブルを抱えます。先回はそのなかで最も頻度が高いといわれている「うつ病」についてお話ししました。
今回、次に多く認められる「神経症」という病態についてお話しします。特に社会や文化に伴って変化する状態像についてご説明し、心の健康について、一緒に考えることができればと思います。

申込締切
12月25日(木)

お問い合わせはこちら

第7回
「認知症トピックス
 ―わかったこと、わからないこと、今からできること―」
日時1月19日(月)
13:00~14:30
講演者

名古屋大学医学部附属病院
老年内科 助教、医師

栁川 まどか

昨年に引き続き、認知症の基礎知識と予防策についてわかりやすく説明します。
巷で話題になっている各種健康食品や薬剤など、現時点で明確に解明されていることと、解明されていないことについて、また今認知症予防策としてもっとも効果があるといわれている運動について説明します。

申込締切
1月9日(金)

お問い合わせはこちら

第8回
「こどもにとって遊びとは?」
日時2月19日(木)
13:00~14:30
講演者

心理学部 准教授
心理臨床相談室 指導相談員
臨床心理士

清瀧 裕子

「こどもは遊びの天才」とはよく言われています。
こどもはなぜ、あんなにも「遊び」に夢中になるのでしょうか。「遊び」にはどのような役割があるのでしょうか。
この講演では、一般のこどもから、少し心に問題を抱えたこどもまでを概観していきながら、「遊び」の意味を考えていきたいと思います。
さらに、「遊び」から見える子どもの心のメッセージを読み解きながら、現代の子どもの心についても、触れていきたいと考えています。

申込締切
2月12日(木)

お問い合わせはこちら

第9回
「ものが2つに見えた時
 ~その原因は乱視?斜視?ドライアイ?~」
日時3月6日(金)
10:30~12:00
講演者

愛知淑徳大学クリニック
眼科 視能訓練士

若杉 恵子

普段の生活のなかで、物が2つに見えることはありませんか?
2つに見える原因は、眼の筋肉、あるいは脳にあったり、角膜表面の涙の量であったり、屈折異常(乱視、近視、遠視)であったりと様々です。
検査をすすめる上でまず大切なポイントは、片目で2つに見えるのか、両目で2つに見えるのかという点です。そこから始まり、その後どのような検査をして、検査結果からどう判断していくのか一緒に原因を探ってみましょう。

申込締切
2月27日(金)

お問い合わせはこちら

第10回
「生活習慣と認知症」
日時3月23日(月)
13:00~14:30
講演者

健康相談室 室長
スポーツ・健康医科学科 教授
クリニック 内科・糖尿病内科 医師

井口 昭久

人の病気は遺伝による影響が2〜3割、環境によるものが2〜3割、生活習慣が5割を占めると考えられています。かつてはアルツハイマー病は生活習慣病とは無関係であると思われていましたが、最近ではアルツハイマー病も生活習慣病のひとつであると考えられるようになりました。
この講演では、生活習慣と認知症についてお話しします。

申込締切
3月16日(月)

お問い合わせはこちら

医療講演会のレポートを見る

定例医療講演会のお問い合わせはこちら

愛知淑徳大学健康相談室

0561-56-0077

(月曜日~金曜日 10:00~17:00)