AHSMEC 愛知淑徳大学 健康・医療・教育センター

地域医療貢献|健康相談室

第4回

「高血圧と生活習慣~高血圧を防ぐ食事~」

「高血圧と生活習慣
 ~高血圧を防ぐ食事~」

<講演日>
6月28日(金) 14:00~15:30
<講演者>
健康医療科学部
榎 裕美

高血圧は心臓に大きな負担がかかり、心臓病や脳卒中などの合併症を引き起こす場合があります。そこで今回、高血圧に関する話題の中でも、「高血圧を防ぐ食事」についての講演がおこなわれました。塩分を控えるための工夫、野菜や果物、魚など血圧を下げる働きのある食材、飲酒の適切な量、高血圧と肥満や運動との関連……。榎先生が具体的な生活の改善方法やアドバイスをわかりやすく伝えると、参加者のみなさまは熱心にメモを取りながら聞き入っていました。「3食バランスよく」「高齢者は動物性たんぱく質食品を毎日食べる」「薄味を心がける」「野菜は1日350g以上」など、健康的なライフスタイルの重要性を改めて学ぶことのできた、有意義な90分となりました。