AHSMEC 愛知淑徳大学 健康・医療・教育センター

地域医療貢献|健康相談室

第5回

「糖尿病の食事療法~実践編~うまくいくわけ、いかないわけ」

「糖尿病の食事療法~実践編~
 うまくいくわけ、いかないわけ」

<講演日>
7月9日(火) 10:00~11:30
<講演者>
健康医療科学部
安藤 富士子

第3回「糖尿病について」の実践編として、ワークショップ形式の講演がおこなわれました。肥満による糖尿病の原因は、栄養の摂りすぎや脂肪細胞の肥大化です。そのため安藤先生は「過食・偏食を避け、適切な摂取カロリーを守る」「エネルギーや栄養素は1日3食で均等に摂る」など、食事療法のコツについてユーモアを交えて解説しました。さらに、参加者のみなさまと一緒に、自分のエネルギー消費量や適正な摂取カロリーを算出。昨日食べた食事の総摂取カロリーを食品交換表で調べて計算し、実際の食生活が理想とどのぐらい差があるのか、お一人おひとりが客観的に把握していました。正しい食事療法を体験的に知ることができ、より健やかな毎日への一歩になったことでしょう。