AHSMEC 愛知淑徳大学 健康・医療・教育センター

地域医療貢献|健康相談室

2016年度 講演会レポート

「糖尿病について」

定例医療講演会特別企画
愛知淑徳大学クリニック共催講演会

「糖尿病について」

<講演日>
2017年3月25日(土)
13:00~15:30

2017年3月25日(土)、2年ぶりとなる定例医療講演会の特別企画として、愛知淑徳大学クリニックと共催で講演会を開催しました。
今回のテーマは糖尿病。専門医の先生方と管理栄養士の先生に、病気の特徴や予防法、食生活についてをそれぞれの視点から解説していただきました。

講演に先立ち、愛知淑徳大学クリニック院長 稲福繁先生からもご挨拶をいただきました。4月に2名の医師が内科・糖尿病内科に着任し、診察日も増設。眼科や耳鼻咽喉科、心療内科・精神科同様に、内科も毎日ご利用いただけるクリニックとなることを受け、今まで以上に地域のみなさまに信頼されるクリニックをめざしていきたいと、力強く抱負も語ってくださいました。

講演会第1部のご担当は、愛知淑徳大学クリニックでも診察をされている糖尿病専門医 植村和正先生。植村先生のユーモア溢れるお話しに、会場から笑い声も聞こえる中、食事療法や運動療法といった肥満や糖尿病予防のポイントを、60枚以上のイラストを使ってご説明いただきました。

第2部は、愛知淑徳大学クリニックで栄養指導をご担当中の管理栄養士 服部しげこ先生に交代。長続きしない過度な食事制限ではなく、好きな物を適量摂取する「適糖生活」をご提案され、日々の献立作成や調理における工夫などもご紹介くださいました。

第3部では、健康相談室室長でもあり、愛知淑徳大学クリニックの内科・糖尿病内科の顔でもある糖尿病専門医 井口昭久先生がご登壇。老年学もご専門でいらっしゃり、最新の難解な論文や研究結果も、老化や糖尿病を題材にしたご自身のエッセイを交えて分かりやすく面白く解説。大爆笑のうちに終演となりました。

健康相談室では、今後もさまざまな医療講演会を開催予定で詳細は決まり次第、ホームページ等でご案内いたします。みなさまのご参加をお待ちしています。