AHSMEC 愛知淑徳大学 健康・医療・教育センター

地域医療貢献|健康相談室

2017年度 講演会レポート

愛知淑徳大学 健康相談室 定例医療講演会 特別企画
愛知淑徳大学 健康医療科学部 健康栄養学科 共催講演会

「子どもの食と栄養を考える
―食を通して育つもの、育てたいもの―」

<講演日>
2018年3月17日(土) 13:00~15:00
<講演者>
愛知淑徳大学 健康医療科学部 健康栄養学科 教授 榎 裕美先生
相模女子大学 栄養科学部 健康栄養学科 教授 堤 ちはる先生
「子どもの食と栄養を考える―食を通して育つもの、育てたいもの―」

2018年3月17日(土)、本学健康栄養学科と共催の「定例医療講演会 特別企画」を開催しました。
今回の講演会では「子どもの食と栄養を考える」と題し、本学科の教授 榎 裕美先生と、特別講師としてお招きした相模女子大学 栄養科学部 健康栄養学科 教授の堤 ちはる先生が登壇。それぞれの専門領域の知識をわかりやすい言葉で、会場に集まった地域のみなさんや管理栄養学科の先生たちにお話されました。

乳幼児期の食育は、生涯の生活と健康に関わる「食」のスタート地点です。その食育をいかに進めればよいのか、本学の健康栄養学科の榎 裕美先生と、特別講師としてお招きした相模女子大学 健康栄養学科の堤 ちはる先生がご講演されました。母子栄養学のスペシャリストである堤先生は「食や栄養の知識を教えることだけが食育ではありません。好き嫌いをせずに食べようとすることで“苦手なことから逃げない強さ”を養うことができ、乳幼児は手づかみ食べをするなかで食べ物を認知する力や記憶する力を身につけています」と語られ、毎日の食事を正しくていねいにとることで、人間としても大きく成長できることを集まった聴講者にわかりやすく伝えられました。