人間情報学科 情報デザイン・システム専修

人間の感性を分析し、効果的な製品・サービスを考えます

コンピュータや情報処理の基礎を学んだうえで、人間の感性やバリアフリーの観点から効果的に情報サービス・製品・空間をデザインしたり、さまざまなユーザに適したアプリやシステムを企画・設計・開発するための知識やスキルを体系的に学びます。人にやさしく豊かなデジタルライフを提案・創造し、これからの人にやさしい情報社会に貢献できる能力を身につけます。

情報デザイン・システム専修 授業分野

カリキュラムの紹介

特色ある教育プログラム

SE:Systems Engineer program
  • 顧客の要望をもとに、その要望を叶えるシステムを構築する技術者であるSE。本プログラムでは、高度なコンピュータスキルとともに、人を理解したコミュニケーションスキルも兼ね備え、人や社会のニーズにフィットするシステムを開発できる次世代システムエンジニアとしてのスキルを養成します。

  • SE

CG応用:Computer Graphics Application program
  • 画像や映像、アニメーションを作成する際に欠かすことのできない技術となったCG。本プログラムでは、2D/3Dコンピュータグラフィックスを扱う基本技能に加え、デザイン・可視化・シミュレーション等の産業・教育応用、映像・ゲーム等のエンタテインメント応用のスキルを養成します。

  • CG応用

3年次・4年次ゼミ紹介

親松 和浩ゼミ
  • 親松 和浩ゼミ
  • 世の中の面白さを可視化・映像化して伝える

    雪はどのように結晶を形作るのか?肉眼では決して見ることのできないこの不思議な世界をモデル化し、映像化するといった試みに挑戦します。子供向けの科学・数学教育にも取り組みます。さらに、その成果を動画や冊子を製作して伝える試みをおこないます。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:誰でも運営できるWebサイトの研究 ─美容院のWebデザイン制作を通して─

國分 三輝ゼミ
  • 國分 三輝ゼミ
  • 感性のコンピューティング&デザイン

    ワクワクやカワイイといった人間の感性を科学的に測り、その結果に基づいてデザインや試作をし、その評価までおこなって、ユーザの感性に響くモノ・システム・サービスを提案します。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:伝承遊びの要素により子どもの心身の成長を促すゲームアプリ開発

佐藤 朝美ゼミ
  • 佐藤 朝美ゼミ
  • 楽しく便利で役に立つアプリの開発

    スマートフォンやタブレット、SNSなどの技術を学び、あるいは豊かな暮らしへと応用することをめざします。潜在的ニーズを探り、これまでに無かったアプリ・システム・オンライン環境を構築します。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:話す力を身につける親子のコミュニケーション支援アプリ ─“親子de日記”の開発─

髙原 美和ゼミ
  • 髙原 美和ゼミ
  • 人のこころを反映したデザインの実現

    さまざまな評価法によって人間を観察する力を養い、社会に受け入れられるモノのデザインにつなげていく方略を学んでいきます。対象は、交通関係・生活機器・化粧品・メディアなどデザインが重要になる幅広い分野です。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:書籍の背表紙デザインの印象評価

西荒井 学ゼミ
  • 西荒井 学ゼミ
  • 共通アプリケーションソフトウェアのシステム開発への応用

    共通アプリケーションソフトウェアの代表格であるExcel。しかしこのソフトウェアの場合,利用面においてその可能性が工夫し尽くされているわけではありません。この機能を活用して,適応力のあるシステム開発の可能性について探求します。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:Excelによる健康管理システム制作ーパソコンで健康管理ー

三和 義秀ゼミ
  • 三和 義秀ゼミ
  • 感情による情報検索アプリの設計・開発

    人間の主観的な特性(感情や印象、性格、嗜好など)に関する実験調査をおこなったり、コンピュータ・プログラミングについて勉強したりしながら、検索者の個人差を考慮した情報検索システムを設計します。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:感情の個人差を考慮した情報検索アプリの制作

森 博子ゼミ
  • 森 博子ゼミ
  • ストレスのない快適な空間のデザインと提案

    人はどの場面で、どんなストレスを感じるのか、それが子供だったら、障がい者あるいは高齢者だったら、どうでしょう。身近な場面からストレス場面を選択し、社会的に価値のある快適な空間をデザイン・提案します。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:異なる色トーンの空間が時間感覚に与える影響─ヘッドマウントディスプレイを用いた検討─

須藤 信ゼミ ※2019年度開講予定
  • 須藤 信ゼミ
  • "発信"する作品制作

    学外へ向け”発信”することを目的とする作品を制作します。”作品”にどのような意義があり,価値があるのか。作品鑑賞の価値観を見つめなおし,作品批評だけにとどまらない「制作者」を目指します。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:地域の歴史を紹介する映像インスタレーション

TOPICS座学に留まらず、情報デザイン・システムに必要な様々な力を実践的に養います。 詳しく読む
「パッケージ製作」で立体的デザインに挑戦!

身近なパッケージをリニューアルするという課題に、2D/3DCGソフトを駆使して学生たちがデザインアイデアを具体化。実物に近い形でサンプルを組み立て、色彩・質感など感覚的な部分まで検討します。単にソフトなどのテクニックを修得するのではなく、より実際に近い場面を想定し、総合的な視点で自らの技術を活用する機会となっています。

  • TOPICS

学びを知る 先輩インタビュー多くの先輩が、人間情報学科 情報デザイン・システム専修から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 先輩インタビュー

  • 人間の感性を理解して、新たな楽しみ、喜びを創造するものづくりがしたい。

    在学生

    久保田 彩椰さん
    人間情報学部 人間情報学科 4年生
    (名古屋市立向陽高等学校出身)

    芸術とテクノロジーが融合するメディアアートに興味があり、ITとものづくりを幅広く学べる人間情報学科へ。心理学の学びを活かした情報デザイン・システム専修のものづくりを勉強し、作り手と使い手の両目線でものづくりを追究することに面白さを感じています。『感性工学』の授業では、「経験価値創造」というマーケティング手法を学修。商品など物質的なものが持つ性能だけでなく、利用することで得られる感動や喜びといった心理的な価値があることを学びました。また、人間がものを評価する時の感性評価方法を学び、「学生が好むCDジャケットはどのようなものか」という身近なテーマを分析。統計を出し、好まれるデザイン傾向を可視化したことで、ユーザーの感性に訴えるものづくりに意識が向くように。これらを実践した学びがゼミでのアプリ制作です。パソコンに映したアートを鑑賞するだけでなく、アートに参加する面白さを体感してもらうために、鑑賞者がスマートフォンの操作でアートを変化させることで、オリジナルの世界をつくる楽しさを感じられる作品にしました。今後は、仮想空間と現実のつながりをつくることでVRの新しい楽しみ方など、人とコンピュータとの新しいコミュニケーションについて考えていきたいです。

    ※バーチャルリアリティ

  • 先輩インタビュー

  • 学生と真摯に向き合いながら、自分が憧れて入社した企業の魅力を伝えたい。

    卒業生

    渡邊 萌さん
    人間情報学部 人間情報学科 2013年度卒業
    (愛知県・私立愛知高等学校出身)
    就職先:ヤマザキマザック株式会社

    IT化が進む世の中で、ものづくりの基礎となるコンピュータの知識やプログラミング技術の修得が必要になると思い、人間情報学科へ。ゼミでは苦手だったプログラミングに挑戦し、大学の広報冊子をより便利に活用できるようにするスマートフォン向けのアプリを制作しました。この経験は、苦手なものに直面した時にも、心折れずやり遂げられる自信となっています。現在、工作機械メーカーに勤務し、人事・総務部で新卒採用の業務に携わっています。仕事は求人募集から内定者が入社するまでの各種手配など多岐にわたり、社外の方と接することも多く、会社の顔として立ち居振る舞いや、言葉遣いを意識するなど第一印象にも気をつけています。内定者懇親会の運営を任された際は、イベントの企画など、慣れない仕事も多く大変でしたが、学生にとって魅力的な内容にしたいという一心で企画に臨み、盛況のうちに会を終えることができました。この経験から、「誰のため」「何のため」という目的を考えて仕事を進める大切さを実感できました。私が就職活動をしていた当時を振り返り、人事の方が真摯に向き合ってくれた喜びを忘れず、一人ひとりの学生に“心が通い合えた”と思ってもらえる対応を心掛けていきたいと思います。

人間情報学部での学びが、私の視野を広げました。

卒業生

杉藤 ありささん
人間情報学部 人間情報学科 2015年度卒業
(愛知教育大学附属高等学校)
就職先:日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

人間情報学部は、心理・コンピュータ・情報の3つの観点からモノづくりについて学ぶことができ、高校時代に情報学だけを見ていた私に大きな影響を与えました。文理を分けず、作業工程全て(企画・調査・設計・開発・テスト・評価)をまんべんなく学ぶという柔軟な教育体制により、多角的な視点を身につけることが出来ました。また、心理学を同時に学ぶことで、ただシステムを作るのではなく、人が使いやすいシステムとは何か、顧客が本当に求めているものは何かを考えることの重要さに気が付きました。実際、就職活動をしている中で、現在IT業界においてこれらを理解している人が少なく、そしてそれがこれからの世の中に求められている人材だということを実感しました。就職に関しては、本学部での学びが影響し、人とモノとITを繋ぐ橋渡しとなれるような仕事がしたいと思い、人々の生活基盤(社会インフラ)とITを組み合わせた社会イノベーション事業に取り組んでいる企業に決めました。将来、この会社でお客様にとって快適な暮らしを支えるものづくりをしていきたいです。また、社内でも人とモノをつなぐ橋渡しができる人材になれるよう、日々努力していきたいと思います。