人間情報学科 情報システム専修

人間と情報の特性を理解し、情報システムを開発・提供する

人や組織の情報利用と情報資源の特性を実証的に分析・理解し、使いやすく役に立つアプリや情報システムの設計・開発、さまざまな情報資源を活用したサービスの展開のための知識やスキルを学びます。そして、情報に価値を見出す企業や図書館・出版流通に寄与できる能力を身につけます。

[情報システム専修 授業分野]

教育キーワード:図書館サービス/読書行動/アプリ・システム制作/Al・ビッグデータ

情報システム専修 授業分野

カリキュラムの紹介

特色ある教育プログラム

SL:System Librarian program
  • 図書館では、ネットワーク情報資源を含む多様な情報メディアを扱っています。本プログラムでは、多様なメディアの特性を把握し、Web構築やシステムを理解したデジタルメディアに強い図書館員を養成します。

  • SL

SMS:School Media Specialist program
  • 小・中・高等学校図書館に勤務する学校図書館司書は、図書館サービスに加え、司書教諭とともに、生徒の学習活動を支援します。本プログラムでは、学校図書館の機能やメディアを理解した学校図書館司書を養成します。

  • SMS

SE:Systems Engineer program
  • 顧客の要望をもとに、その要望を叶えるシステムを構築する技術者であるSE。本プログラムでは、高度なコンピュータスキルとともに、人を理解したコミュニケーションスキルも兼ね備え、人や社会のニーズにフィットするシステムを開発できる次世代システムエンジニアとしてのスキルを養成します。

  • SE

図書館司書

司書

図書館司書の資格を取得するために必要な科目が専門教育科目に含まれています。それらの科目で修得した単位が卒業要件の単位としても認定されるため、履修科目数の負担を最小限にすることができ、資格が取得しやすくなっています。

3年次・4年次ゼミ紹介

図書館情報学コース

ICTに強い図書館員(司書)や情報のスペシャリストを育成

池田 光雪ゼミ
  • 池田 光雪ゼミ
  • 「協働」による図書館の諸問題の探究

    人同士の協働や、APIのようなシステム間の連携を主なアプローチとして、図書館に関わる様々な問題に取り組みます。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:APIを活用したディスカバリーサービスの構築

伊藤 真理ゼミ
  • 伊藤 真理ゼミ
  • 情報サービスのユニバーサルデザインをめざして

    利用する人の立場で、役に立つ情報を探しやすくし、利用可能な情報を提供することをめざした情報サービスについて考えます。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:図書館活用学習教材の開発 ─めざせ図書館はかせ─

岡部 晋典ゼミ
  • 岡部 晋典ゼミ
  • 情報空間を社会の側から考えよう

    図書館を情報を取り扱う象徴的な装置として捉え、「情報の生産・組織化・伝達・保存」に関係する(ある意味では社会学的な)研究を行います。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:スマートフォンアプリの分類法から見るユーザの性質・志向の関係

菅野 育子ゼミ
  • 菅野 育子ゼミ
  • デジタル・アーカイブによる知識基盤の構築

    地域情報提供の拠点である図書館に役立つデジタルアーカイブについて考えます。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:愛知の食文化デジタルアーカイブの構築

村主 朋英ゼミ
  • 村主 朋英ゼミ
  • 人間と情報システムの歴史

    メディアの発達過程や昔の情報伝達・蓄積の実績を調査したり、「科学的知識が人類の共有財産として受け継がれ組織化されてきた過程」「遠い昔の人はどのようにコミュニケーションをおこなっていたか」等々考察したり、人間と情報の関係を考えながら歴史世界を探訪するプロジェクトです。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:原作者利益と二次創作活動の共存可能性─同人グッズの実態の分析を通じて─

システム制作コース

loT・AI・ビッグデータを活用して人や社会のニーズに応えるシステムを制作できるSE(システムエンジニア)を育成

浦尾 彰ゼミ
  • 浦尾 彰ゼミ
  • ICTを活用した人にやさしいシステムの開発

    プログラミングやネットワークの仕組み、アプリの作成方法などを学び、人にやさしく豊かなデジタルライフを実現するためのシステムの提案や開発を行います。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:気象データ観測システムの開発

佐藤 朝美ゼミ
  • 佐藤 朝美ゼミ
  • 楽しく便利で役に立つアプリの開発

    スマートフォンやタブレット、SNSなどの技術を学び、あるいは豊かな暮らしへと応用することをめざします。潜在的ニーズを探り、これまでに無かったアプリ・システム・オンライン環境を構築します。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:話す力を身につける親子のコミュニケーション支援アプリ─“親子de日記”の開発─

三和 義秀ゼミ
  • 三和 義秀ゼミ
  • Python(パイソン)によるAIプログラミング

    AIの技術を支える機械学習やディープラーニングの基本的な仕組みを理解し、Pythonというプログラミング言語を用いてAIアプリを制作します。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:Pythonによる株価予測アプリの試作

TOPICS座学に留まらず、情報システムに必要な様々な力を実践的に養います。 詳しく読む
デジタルで伝える「焦土からの復興」

国廣有紀さん(2017年度卒業)が卒業研究として、岐阜空襲を題材にしたアーカイブを制作。デジタルの「アニメーションを活用して写真を動かせる」という特徴に着目し、戦後直後の岐阜市と現在の岐阜市を見比べられるデジタルアーカイブをつくりました。

  • TOPICS

  • TOPICS

就職決定者の声多くの先輩が、人間情報学科から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 就職決定者の声

  • これからの社会に欠かせないICT。心理と共に学ぶから、つながり、活きてくる。

    卒業生

    篠田 真帆さん
    人間情報学部 人間情報学科 2018年度卒業
    (愛知県・私立愛知淑徳高等学校出身)
    就職先:トヨタ自動車株式会社

    今の世の中で必要とされるICTを学びたいと思い、人間情報学科へ。心理学にも興味があったため、それらを広く学べるこの学科は魅力的でした。文系出身で不安もありましたが、基礎からプログラミングやシステムについて学ぶことができ、コンピュータ活用科目を受講してITパスポートも取得。学科の授業では、人を動かすためにはモノづくりだけではなく、生理的、心理的に人が求めていることをビジネスに活かす「コトづくり」も大切だと学びました。就職先では、ユーザーの「心」の部分に思いを寄せながら、自動車産業の発展に貢献したいと思います。

大学での学びが、現在の仕事への姿勢へと繋がりました。

卒業生

大江 綺乃さん
人間情報学部 人間情報学科 卒業
(光ヶ丘女子高等学校)
就職先:トヨタ自動車株式会社

私にとって大学は、枠にとらわれず自分の意思でやりたいことに挑戦できる場でした。特に人間情報学部は共通科目に加えて、心理・コンピュータ・情報の三つの観点からモノづくりを学べる学部であったため、幅広い学びを修得することができました。心理の授業では数多くの実験を通して、それぞれの実験結果から自分の考えを導き出すことを学びました。
その学びは社会人になった今、一つ一つの業務に自分の考えをもって行動することに繋がっています。その結果、行動に責任感が生まれ、現在社内での説明会や教育などの人前に立って話す業務を任せられています。今後もこの姿勢は維持しつつ、大学で学んだExcelやAccessといったパソコンスキルを更に磨いて業務の幅を広げていきたいと考えています。