人間情報学科 心理情報専修

人間の行動を心理学から考え、科学的分析手法、論理的思考を身につけます

人間がどのようにして自分をとりまく周囲の環境を感じとり、行動しているかという問題を、心理学を中心とした、脳科学、行動学、人間工学などの立場から総合的に学びます。さらに、人間の性質を測定・評価するさまざまな実験手法を身につけ、データをもとに他者を理論立てて説得できる能力を身につけます。

心理情報専修 授業分野

人間情報学部の心理学

人間情報学部では、心の動きを科学的に解明する基礎的な心理学に重きを置きます。
その勉学を通して合理的・論理的・科学的思考能力を身につけ、どの組織でも役に立つオールマイティな人間の育成を目指します。

カリキュラムの紹介

資格取得プログラム

CP:Certified Psychologist program
  • 多様な分野が存在する心理学の基本を身につけるため、「認定心理士」の資格取得を目的とした独自のプログラムを設定しています。「認定心理士」とは、心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的基礎学力と技能を修得したものに与えられる日本心理学会が認定する資格です。本専修では対象科目を履修することで「認定心理士」の資格を取得することができます。

  • CP

3年次・4年次ゼミ紹介

天野 成昭ゼミ
  • 天野 成昭ゼミ
  • 人間の言語認知情報処理

    我々が頭の中で言葉をどのように処理しているかについて、科学的事実を1つ1つ積み上げていく心理学的研究をおこないます。言葉の処理過程が少しずつ明らかになれば、これまでよりも科学的・合理的な言葉の教育・医療・福祉などが可能になるでしょう。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:擬音語から得られる印象と音韻的特徴の関係

瀬谷 安弘ゼミ
  • 瀬谷 安弘ゼミ
  • アクティブビジョンと認知情報処理

    目や体をアクティブに動かしながらものを見る仕組みや、視覚情報処理が身体運動に及ぼす影響、物体の認識や記憶などが訓練や感情によってどのように変容するかについて、実験心理学的手法を用いて調べます。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:移動物体を目で追いかけている時の物体認識

牧 勝弘ゼミ
  • 牧 勝弘ゼミ
  • 音のサイエンス&デザイン

    音の心理的効果やその脳内処理メカニズムを探る「ヒト」の研究と、“リアル”を再現する3Dスピーカーや音のバーチャルリアリティなどの「ものづくり」研究の両方をおこなっています。こうした研究を通して主体性を養っていきます。

    ●ゼミ生の研究テーマ例:楽器の音色と色の関係性

TOPICS座学に留まらず、心理学に必要な様々な力を実践的に養います。 詳しく読む
楽器の音色の秘密を解明

楽器の演奏が上手い人と下手な人ではなぜ音色が異なるのか、また、名器と呼ばれる楽器の音色はなぜ美しいのかといった問題を解明するために、42個のスピーカーユニットを使って本物の演奏のようなサウンドを再現可能な次世代3Dスピーカーを使用して調べています。

  • TOPICS

学びを知る 先輩インタビュー多くの先輩が、人間情報学科 心理情報専修から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 先輩インタビュー

  • 人間の感性を理解して、新たな楽しみ、喜びを創造するものづくりがしたい。

    在学生

    久保田 彩椰さん
    人間情報学部 人間情報学科 4年生
    (名古屋市立向陽高等学校出身)

    芸術とテクノロジーが融合するメディアアートに興味があり、ITとものづくりを幅広く学べる人間情報学科へ。心理学の学びを活かした情報デザイン・システム専修のものづくりを勉強し、作り手と使い手の両目線でものづくりを追究することに面白さを感じています。『感性工学』の授業では、「経験価値創造」というマーケティング手法を学修。商品など物質的なものが持つ性能だけでなく、利用することで得られる感動や喜びといった心理的な価値があることを学びました。また、人間がものを評価する時の感性評価方法を学び、「学生が好むCDジャケットはどのようなものか」という身近なテーマを分析。統計を出し、好まれるデザイン傾向を可視化したことで、ユーザーの感性に訴えるものづくりに意識が向くように。これらを実践した学びがゼミでのアプリ制作です。パソコンに映したアートを鑑賞するだけでなく、アートに参加する面白さを体感してもらうために、鑑賞者がスマートフォンの操作でアートを変化させることで、オリジナルの世界をつくる楽しさを感じられる作品にしました。今後は、仮想空間と現実のつながりをつくることでVRの新しい楽しみ方など、人とコンピュータとの新しいコミュニケーションについて考えていきたいです。

    ※バーチャルリアリティ

  • 先輩インタビュー

  • 学生と真摯に向き合いながら、自分が憧れて入社した企業の魅力を伝えたい。

    卒業生

    渡邊 萌さん
    人間情報学部 人間情報学科 2013年度卒業
    (愛知県・私立愛知高等学校出身)
    就職先:ヤマザキマザック株式会社

    IT化が進む世の中で、ものづくりの基礎となるコンピュータの知識やプログラミング技術の修得が必要になると思い、人間情報学科へ。ゼミでは苦手だったプログラミングに挑戦し、大学の広報冊子をより便利に活用できるようにするスマートフォン向けのアプリを制作しました。この経験は、苦手なものに直面した時にも、心折れずやり遂げられる自信となっています。現在、工作機械メーカーに勤務し、人事・総務部で新卒採用の業務に携わっています。仕事は求人募集から内定者が入社するまでの各種手配など多岐にわたり、社外の方と接することも多く、会社の顔として立ち居振る舞いや、言葉遣いを意識するなど第一印象にも気をつけています。内定者懇親会の運営を任された際は、イベントの企画など、慣れない仕事も多く大変でしたが、学生にとって魅力的な内容にしたいという一心で企画に臨み、盛況のうちに会を終えることができました。この経験から、「誰のため」「何のため」という目的を考えて仕事を進める大切さを実感できました。私が就職活動をしていた当時を振り返り、人事の方が真摯に向き合ってくれた喜びを忘れず、一人ひとりの学生に“心が通い合えた”と思ってもらえる対応を心掛けていきたいと思います。

大学での学びが、現在の仕事への姿勢へと繋がりました。

卒業生

大江 綺乃さん
人間情報学部 人間情報学科 2015年度卒業
(光ヶ丘女子高等学校)
就職先:トヨタ自動車株式会社

私にとって大学は、枠にとらわれず自分の意思でやりたいことに挑戦できる場でした。特に人間情報学部は共通科目に加えて、心理・コンピュータ・情報の三つの観点からモノづくりを学べる学部であったため、幅広い学びを習得することができました。心理の授業では数多くの実験を通して、それぞれの実験結果から自分の考えを導き出すことを学びました。その学びは社会人になった今、一つ一つの業務に自分の考えをもって行動することに繋がっています。その結果、行動に責任感が生まれ、現在社内での説明会や教育などの人前に立って話す業務を任せられています。今後もこの姿勢は維持しつつ、大学で学んだExcelやAccessといったパソコンスキルを更に磨いて業務の幅を広げていきたいと考えています。