基幹科目

社会、人、自分自身と向きあい「次代を生き抜く力」を身につける。

 基幹科目は、学部・学科を問わず愛知淑徳大学の学生全員が受講する、必修科目です、多様な価値観のもと「共生」をテーマに、社会、人、自分自身と向きあい、次代を生き抜く力を身につけることを目的としています。授業ではグループワークを導入し、学生自らが主体的に学び、自分と違う見方、考え方にふれる機会を設けています。

日本語表現T1(基礎)

日本語基礎力を身につけ、表現技術と応用力を高めます。

 日本語による表現技術の基礎を定着させ、応用力を養います。特に、大学での学修に欠かせないふたつの文章力ーー①事実を正確にわかりやすく説明する力、②論理的に自分の意見を述べる力ーーを身につけることに重点を置きます。