言語活用科目

韓国・朝鮮語

韓国語能力試験や実務なども見据えた総合的な語学教育をおこない、韓国・朝鮮語を、ツールとして使いこなす力を養います。

韓国・朝鮮語教育のポイント

1入門として、週2回の徹底した基礎教育

 入門として、ハングルの読み方や基本的な構造など基礎を集約。週2回の授業で徹底的に身につけ、その後の発展領域に備えます。学修の相談や疑問には、専任のスタッフがきめ細かく対応します。

2目的や興味に応じて、柔軟に学べる3系列科目

 「会話系科目」「読解系科目」「資格系科目」の3系列から、学びたい科目を自由にアレンジできます。また、学んだ韓国・朝鮮語を実際に使う機会も多数用意しています。

3国内外で評価される資格取得バックアップ

 国内外で評価される韓国語能力試験と、「ハングル」能力検定試験、2つの資格取得に挑戦でき、さらに対象科目を履修した学生は、韓国語能力試験を年2回無料で受験することができます。

韓国語能力試験(TOPIK)とは

大韓民国政府(教育省)が認定・実施する唯一の韓国語試験です。ⅠとⅡの2つの受験級があり、得点によりⅠは1・2級、Ⅱは3~6級と認定されます。現在70カ国以上で韓国・朝鮮語を母国語としない学修者が受験。留学・就職などに活かされています。

韓国語・朝鮮語学習相談

 韓国・朝鮮語の学習中に生じた些細な疑問の解決、発音の練習から韓国・朝鮮語の効率的習得のためのプラン作成、実地研修のための長期・短期の留学制度案内など、韓国・朝鮮語の学習と関連するあらゆる相談に対応します。学習者の多様なニーズに対応できる専門家が相談にあたります。

  長久手キャンパス 星が丘キャンパス
曜日 毎週火曜日 毎週火曜日
時間 昼休み(授業期間中)
場所 9号棟1階 5号館2階(国際交流プラザ)
担当者 柳 朱燕 呉 恩英
申込方法 予約制
下記のメールアドレスに必要事項を明記して申し込んでください。
後日、相談日の調整のため、担当教員より返信メールがあります。
アドレス
&必要事項
ggachi@asu.aasa.ac.jp
メールタイトル:韓国・朝鮮語学習相談申込
本文:学籍番号・氏名・希望キャンパスと曜日(第一希望・第二希望)