ごあいさつ

初年次教育部門長

中嶋 真弓(文学部教育学科 教授)

中嶋 真弓

 小1プロブレム、中1ギャップについていろいろな場で話題となり、それをどのように克服するかという議論がなされます。これらが物語っているのは、次につなぐ難しさです。しかし、それは小学校や中学校に限ったことではなく、大学においても例外ではありません。大学に入学すると、生徒から学生になります。高校までの習う学びから主体的に修める学びへの転換、自ら課題を発見し解決していく主体的な学び手となってこそ、学生といえるのです。その自己実現を長期的にサポートする、スタート地点に位置するのが初年次教育です。

 初年次教育は、高校での学習から大学での学修を身に付けるための「導入教育」と高校生までに身に付けておくべき学習内容の補習としての「リメディアル教育」の二つの柱があります。

 本学では、教育理念「違いを共に生きる」のもと、「10年先、20年先に役立つ人材の育成」をめざし、初年次教育のプログラムを充実させています。その中核を担っているのが「基幹科目」である「違いを共に生きる・ライフデザイン」と「日本語表現T1」の全学共通、1年次必修の科目群です。前者では、さまざまな価値観や人生観に触れることで視野を広げ自分の人生設計への認識を深めていくこと、後者では、言語運用能力の基礎から学び、段階的、系統的に学修することで総合的、専門的な学びを構築していくことを目指します。

 初年次教育によって、大学での学びをより充実させることが、ひいては、卒業後の人生において大きな支えとなり自信となると考えています。

全学日本語教育主任

酒井 晶代(創造表現学部創造表現学科 教授)

 喉が渇いたときやお腹がすいたとき、赤ちゃんは泣き声や身振りで自分の意思を伝えようとします。言葉を修得するよりずっと前、生まれた瞬間から、私たちは声やからだを使って絶えず周囲に働きかけてきました。そして言葉を覚えはじめると、今度は手持ちの語彙をさまざまに駆使しながら話そう、伝えようとしたはずです。相手に向かって懸命に言葉を届けようとした幼い日の試行錯誤やもどかしさ、あるいは届いた瞬間の大きなよろこび、その積み重ねの延長上に今の私たちはあります。

 「日本語表現T1」をはじめとする日本語表現科目もまた、実践を通して伝えることの面白さや難しさを経験する場です。複雑な問題に対して自らの意見を順序だてて説明したり、複数の意見を比較しながら自分の考えを鍛えたり、また時にはビジネスの場のような特定の状況に即して、あるいは創作のように未知の受け手に向けて書くための言葉を探したりと、学修の内容は大学生にふさわしい複雑で高度なものになりますが、子どもの頃の伝えたい、届けたいという原点に立ち返って、わくわくした気持ちで言葉や表現と向き合ってほしいと思います。そして、できればそこからさらに一歩進めて、言葉が万能でないことを経験したり、言葉が持つ(持ってしまう)力について考えたりする機会にもなればと願っています。

高大連携教育主任

大野 清幸(交流文化学部交流文化学科 教授)

 本学と高大連携推進協定を結んでいる高大連携提携校は、高校7校です。高大連携運営委員会に所属している本学職員と各学部教員が、本学における高大連携教育を担当しています。

 高大連携運営委員は、例年、春と秋の2回、高大連携提携校を訪問し、進路指導部長や教頭先生と情報交換をしています。毎年2月には、各高校出身の本学在学生と共に、各校を訪問し、学生生活報告会を開催しています。学生生活報告会における本学在学生たちのプレゼンテーションは、母校愛に溢れ、高校生達が大学生活を知る良い機会となっています。3月中旬には、各高校からの入学予定者に対して、2日間の入学前教育を実施しています。高大連携提携校からの入学予定者は、大学入学直前に、大学教育のポイントを学び、同期の参加者と知り合うことができます。

 この入学前教育を筆頭に、上記すべての活動は、高大連携提携校の関係者に好評です。随時、改善を加えながら、今後も上記の活動を継続してまいります。