MESSAGE/専攻主任よりメッセージ

創作の世界を冒険する私たち 

創作表現専攻主任 清水良典

私たち創作表現専攻では、小説、評論、詩歌、児童文学、演劇(脚本)、映画(シナリオ)、マンガなど、世の中で親しまれている諸ジャンルの創作表現を学んでいます。一見そのバラエティには、大きな隔たりがあるように思えます。たとえば小説とマンガだと、言語表現と視聴覚表現という分野の違いがあると考えられます。でも、小説にも場面が目に浮かぶような視覚的表現が不可欠だし、マンガにもストーリーやセリフが付きものです。表面的なジャンルや分野の違いを超えて、自らの感性と創造力の結晶を他者に届けるコンテンツとして作り上げる点では、いずれも共通しているのです。このようなクリエイティブな表現力は、今日のマルチメディア社会において、コンテンツ制作側に能動的に関われる能力であり、人生をより豊かに楽しめる能力だといえます。

そのような創作表現を、さまざまな基礎的な理論や教養を身に着けつつ、演習授業による実践と批評を積み重ねることでレベルアップしていくための授業を、私たちは用意しています。前身の文化創造学部表現文化専攻、メディアプロデュース学部クリエイティブライティングコース並びに専修からは、これまでさまざまなジャンルで活躍するプロのクリエイターを輩出しました。その伝統を受け継ぎながら、今後も新たなクリエイターを育成していく所存です。

 

ORGANIZATION/コース概要

豊かな感性と表現力で言葉を創造。人の心を動かす“言語表現者”に。                                        メールやSNSをはじめ、日常的に文章を書くことが不可欠な現代。その中で、自分の思いや自分の言葉で表現できることは大きな強みとなります。創作表現専攻では、完成と理論の両面から”言葉”を学び、豊かな表現力や独創性を身につけます。経験豊富な専門家がオリジナリティあふれる授業を展開。一人ひとりの個性が発揮できるように指導します。プロの作家やライターを目指すだけではなく、紡いだ言葉で人の心を動かすことができる”言語表現者”として、多分野での活躍が期待されます。

 カリキュラム

演劇系科目の紹介