ビジネス学科 グローバルビジネス専攻

特色ある授業

Bilingual Internship Overseas/Domestic

国内外のグローバル企業で実務インターンシップに挑み、ビジネスの即戦力を鍛えます。

ビジネス学科 グローバルビジネス専攻では、グローバルなビジネスの現場に通用する力を養うため、日本語と英語のバイリンガルで経営学、商学、会計学、経済学を総合的に学びます。そうした学修の集大成となるのが、3年次の「Bilingual Internship Overseas/Domestic」。この専門科目では、学生一人ひとりが国内外の企業で約1か月間の実務インターンシップに挑戦します。
 日本の多くの企業はインターンシップを新卒採用の一環として位置づけ、講義・座学やグループワーク、社員との懇談会などをおこなっています。しかし、それは日本特有のもの。海外におけるインターンシップは「実務」が主流です。実際の仕事に使える力があるのかが問われ、参加する学生にとってスキルアップの場にもなっています。
 「Bilingual Internship Overseas/Domestic」で実施するのは、海外と同じ実務型。国内外の企業で「実際に働く」という意識が強く、単なる体験に留まりません。大学で培ったビジネスの専門知識、思考力や実践力、英語スキルなどを発揮して働き、実務を通して“グローバルビジネス”を深く学びます。さらに、多様な文化的背景を持つ人々と共に働く経験によって視野が広がり、より多くの選択肢から自分が進みたい道を考えることができます。
 この実務インターンシップは、グローバルビジネス専攻の学修の総仕上げになります。同時に、学生にとって「成長のチャンス」「新たな課題や目標との出会いのチャンス」となり、一人ひとりの可能性も大きく広がります。

2018年度「Bilingual Internship Overseas/Domestic」

● 2018年9月~2019年1月
「Follow-up SeminarⅣ」(事前研修)
グローバルビジネス専攻の教員や外部講師による事前研修を、約4か月間という長期にわたって実施。「実務」であるからこそ、ビジネスの現場に立つために必要な知識・スキルの修得をめざします。2018年度の事前研修では、英語での面接対策、英語でのビジネスマナー研修、仕事の進め方に関する講義、出発前オリエンテーションなどがおこなわれました。インターンシップを通して何を得たいのか、学生たち一人ひとりが目的意識を明確にしながら、思考力や実践力、英語スキルに磨きをかけました。

[概要]

第1回:インターンシップ説明会
「Bilingual Internship Overseas/Domestic」の概要、事前研修の流れ、実務インターンシップに向けて必要な学修・準備などを教員や外部講師が解説。学生はインターンシップへの理解を深めました。

第2回:事前研修①
企業経営者を講師に迎え、インターンシップの意義について講義。模擬面接の実践ワークもおこなわれ、学生は自己PRのまとめ方や相手に伝わる話し方などを実践的に学びました。

第3回:英文カバーレター・英文レジュメの書き方
インターンシップ先企業に提出する書類を、英語で作成するポイントについてレクチャー。日本では履歴書にあたる「レジュメ」と同封する「カバーレター」を書き上げました。

第4回:適性チェック(研修先の選定)
教員や外部講師との面談を通して、興味がある業界や職種、身につけたい知識・スキル、現在の語学力などを確認。学生一人ひとりが自分に合ったインターンシップ先企業を検討しました。

第5回:英語での面接対策
今回ご協力いただいたインターンシップ先は、すべてグローバル企業。学生は日本と海外の面接試験の違いを理解し、的確な自己PR方法を学んだ上で、スカイプによる英語面接に臨みました。

第6回:事前研修②
日本企業の海外進出に関する講義を実施。事例検証を交えてグローバルビジネスの実情を学びながら、実務インターンシップへの目的意識をより明確にしていきました。

第7回:事前研修③
グローバルビジネスのケーススタディを通して、仕事の進め方を実践的に理解。海外のワークスタイルやビジネスマナー、相手との距離を縮めるSmall talk(雑談)のコツなどを学びました。

第8回:エリア別出発前オリエンテーション
インターンシップ先企業があるエリアごとに、ホームステイ先・宿泊先での暮らし方、通勤方法、危機管理などを最終的に確認。万全の準備を経て、出発の日を迎えました。

● 2019年2月~3月
「Bilingual Internship Overseas/Domestic」
研修先は、ホーチミン(ベトナム)、シアトル(アメリカ)、東京のグローバル企業。留学エージェント、国際メディア、ITベンチャー、商社、アパレル、新聞社など、多分野にわたりました。各社に原則1名ずつ派遣され、約1か月間、グローバルビジネスの最前線でさまざまな仕事に携わりました。日々、レポートをまとめながら取り組んだ業務を振り返り、自分自身の課題と向き合った学生たち。与えられた仕事をこなすだけではなく、自ら考えて積極的に行動を起こし、企業への貢献や自己成長をめざしました。
また、実務インターンシップの修了後、研修先から学生へ「評価表」が手渡されました。仕事に取り組む姿勢や社会人基礎力などを企業の方々に評価いただき、一人ひとりにフィードバッグ。学生が自ら実践・学修したことを客観的に見つめ直し、さらなる成長につなげていきます。

● 2019年7月
成果報告会(事後研修)
それぞれが得た成果を仲間と共有し、学びを深め合うために、成果報告会がおこなわれました。実務インターンシップで立てた目標、実際に取り組んだ業務内容、目標達成や業務遂行のために力を注いだこと、得られたこと、今後の課題などです。仲間の報告からも気づきを得ながら国内外での実務経験を振り返り、その成果をより意義深いものにしていました。


参加学生の声(一例)

■ホーチミン

木村 太一さん

グローバルビジネス専攻4年(2019年度)

  • 研修先
  • STAR KITCHEN〈ベンチャー企業:料理教室運営、洋菓子製造・販売〉

 多文化を肌で感じながら働く経験を積みたいと考え、ホーチミンのベンチャー企業を選びました。実務インターンシップが始まって間もない頃は、言葉も文化も異なるベトナムで自分に何ができるのかが分からず、戸惑いや焦りを感じるばかり。「このままではいけない!」と奮起し、社長と話し合いながら、自分から行動を起こしました。
 そのひとつが、研修先で製造・販売していたおみやげの売上アップの取り組みです。知名度向上のためのSNSキャンペーンの企画、アンケート・インタビュー調査による外国人観光客が好むおみやげの分析、試食会の実施などに意欲的にチャレンジ。店頭や街に出て、多くの人とコミュニケーションを深めて意見を聞き、売上アップに貢献できる道筋を探りました。
 約1か月間での数々の実践から得られたのは、結果を残すまであきらめずに試行錯誤を重ねる力です。商社への就職を決めた今、自ら学ぼうとする熱意を大切にし続けて、ビジネスパーソンとして成長していきたいと考えています。


■シアトル

竹中 春菜さん

グローバルビジネス専攻4年(2019年度)

  • 研修先
  • Hokubei Hochi Foundation〈新聞社〉

 「将来はグローバルに働きたい!」と高校生の頃から考えていた私にとって、ビジネス英語や経済、商学などを幅広く学べるグローバルビジネス専攻は理想通り。特に、海外の企業でインターンシップをおこなう「Bilingual Internship Overseas」はとても魅力的でした。実際に参加すると、それまでに学修してきたことの実践の場として実務インターンシップがあり、大きな学びや成長の機会になりました。
 私が働いたのは、シアトルで邦字新聞『北米報知』を100年以上発行し続ける新聞社です。アメリカのオーガニックフードに関する取材、特集記事用の資料収集などに取り組みました。心掛けたのは「常にメモを取る」「不明点はすぐに質問」「時間管理」の3点。業務に優先順位をつけて、正確に効率よく遂行できるよう努めました。
 実務インターンシップを通して、自立心やコミュニケーション能力、広い視野、臨機応変に動く行動力などが身につきました。卒業後は、グローバルに事業を展開するIT企業に就職します。4年間で得た知識や能力を活かし、5年先、10年先を見据えて自分を磨き続けます。


■東京

谷口 誠拓さん

グローバルビジネス専攻4年(2019年度)

  • 研修先
  • UpSwell Inc.〈ベンチャー企業:ITコンサルタント、WEBメディアなど〉

 世界に目を向けてビジネスを学びたいと考え、グローバルビジネス専攻に進学しました。その学修の総まとめとなる実務インターンシップでは、ビジネス英語やマナーなどに関するきめ細かな事前研修があったため、不安なく1か月間の業務に取り組むことができました。親身に支えてくださった先生方や外部講師の方々に感謝しています。
 研修先はIT分野のベンチャー企業です。東京のオフィスでしたが、社員の皆さんは多国籍。社内には英語が飛び交い、刺激に満ちた日々でした。携わった業務の中で最も印象深いのは、WEBメディアに関するビジネス提案のメールや企画書を英語で作成したこと。週一の社内ミーティングにも参加し、業務報告も英語でおこないました。そこで学んだことは「ロジカルな話し方・伝え方の大切さ」です。要点を押さえて相手に分かりやすく伝えることは、どの業界・職種においても重要だと感じました。これからさらにプレゼンテーション能力に磨きをかけ、卒業後に社会人として即戦力になれるよう全力を尽くします。