教育姿勢・方針

学園の教育姿勢

伝統は、たちどまらない。

 1905(明治38)年、日本の女子教育の黎明期に創立された愛知淑徳学園は、愛知県で初となる私立高等女学校として、その一歩を踏み出しました。家事や裁縫が女子教育の主流とされていた明治の時代において、本学園の創立者・小林清作先生は次代へまなざしを向け、英語や理科を必須科目とし、スポーツを奨励しました。さらに、洋装の制服の採用や修学旅行の実施など、他の女学校とは一線を画した先進的な教育方針を次々と実践し、新たな女子教育の基盤を築き上げました。「十年先、二十年先に役立つ人材の育成」という言葉に表される当時の教育目標は現在まで続く学園の歩みの確固たる礎を作っています。
 日本の学校制度が大きく変わった戦後も、本学園は時代の流れや多様化する社会の要請に的確に応え、1975(昭和50)年に愛知淑徳大学を開学しました。その後「共生」が社会の大きな課題となる時代を迎えるとともに、1995(平成7)年創立20周年にあたって男女共学化を果たし、複数学部を擁する大学へと拡大していくことになりました。このような変化の中、学園創立以来の教育目標を継承、そしてより具体的、現実的に達成していくために、「違いを共に生きる」という理念を掲げるに至りました。さらにその理念は「地域に根ざし、世界に開く」「役立つものと変わらないものと」「たくましさとやさしさを」の3つの具体的テーマの形で表現され、ジェンダー・女性学研究所の開設、各種外国語教育や国際交流、コンピュータなどに代表される資格教育とボランティア活動をはじめとする体験教育の充実、さらにキャンパスのバリアフリー化などさまざまな教育体制の確立と教育実践に反映されています。「伝統は、たちどまらない。」というスローガンにこのような大学の進化の姿勢をこめて、愛知淑徳大学は、国籍、言葉、文化、性別、年齢、障がいの有無などお互いが違いを認め、すべての命と共に生きる道を探求し続ける、新たな時代の大学として常に躍進をめざしています。

学部の目的

文学部

 国文学科は、自立した総合的な認識力・判断力・批判力を身につけるとともに、知性と感性を磨いて豊かな人間性を涵養し、もって社会に貢献できる有為の人材の養成を目的とし、現代の国際的な社会にあって日本文化、歴史、伝統の継承と発展を視野に入れながら日本の古典文学、近現代文学、国語及び中国文学に関する基礎的かつ専門的な教育研究を行う。

 英文学科は、英語を母語とする国々の歴史・文化・思想についての教育を英語で行うことを含め、英語で考える力を養い、自らの意見を英語で発信できる心豊かな国際人の養成を目的とし、英語の基礎力を充実させ、英米文学や英語学の専門分野の教育研究を行う。

 教育学科は、小学校教員並びに特別支援学校教員、加えて生涯学習分野での指導者の養成を目的とし、教育の本質である人格形成について広い視野から考えられる確かな専門的知識と時代や環境の変化に対応できる優れた実践的能力を身につけるための教育研究を行う。

人間情報学部

 人間情報学科は、「人間理解」を基本理念として、人間の心の仕組や行動、動作に至る人間の特性を明らかにしながら、文系の知と理系の知をつなぐことによりユニバーサルデザイン社会の実現に貢献できる情報技術と情報マネージメントの理論構築・開発・応用に資する有為な人材を育成することを教育の目的とする。

心理学部

 心理学科は、〈心の多様性と普遍性の理解〉を基本理念とし、人間行動のさまざまな現象を現代心理学の主要な領域から多角的な視点で総合的に究明する教育研究を行う。これにより、他者を尊重するとともに、自己を正しく表出しうる人材、さらには人間関係の中で生じる諸問題に適切に対処し得る人材を育成することを目的とする。

創造表現学部

 創造表現学科 創作表現専攻は、知的財産としての言語文化・表象文化に関する見識を持ち、その価値の継承・発信の社会的意義を理解しつつ、自己の考えを的確に伝えることのできる人材の育成を目的とし、文化的叡智に幅広く触れることで総合的な判断力を養い、文芸を中心とした創造的な表現活動に携わり得る知識と表現技術を身につけるための教育研究を行う。

 創造表現学科 メディアプロデュース専攻は、ビジュアルメディアを中心に映像制作、メディアコンテンツ制作、コミュニケーションデザインなどの分野でメディアの特徴を活かし戦略的に企画・立案できる人材の養成を目的とし、変化する情報メディア社会の諸課題に適切な対処ができ、豊かな自己表現を通して情報発信し得る専門的知識と実践的能力を身につけるための教育研究を行う。

 創造表現学科 建築・インテリアデザイン専攻は、建築・インテリアデザイン及びそれに関連する分野で活躍する人材の養成を目的とし、環境、歴史、文化、機能、経済性やエネルギーなどの多様な条件を読み解き、現代社会の様々な課題に取り組むとともに、将来にわたる長いタイムスパンで都市や人々の生活を描く構想力を持ち、広く社会に貢献しうる専門的知識と優れた実践的能力を身につけるための教育研究を行う。

健康医療科学部

 医療貢献学科 言語聴覚学専攻においては、言語聴覚士の国家資格を目指し、専門家として中心的な役割を担い得る人材、および言語聴覚士の職能の範囲にとどまらず、必要に応じて新しい検査・評価・訓練・指導の技法の開発や、新しい適切な支援の技術の開発を行い得る知識と技能を有する人材の育成のために必要な教育研究を行う。

 医療貢献学科 視覚科学専攻においては、視能訓練士の国家資格を目指し、専門家として中心的な役割を担い得る人材、および視能訓練士の職能の範囲にとどまらず、必要に応じて新しい検査・評価・訓練・指導の技法の開発や、新しい適切な支援の技術の開発を行い得る知識と技能を有する人材の育成のために必要な教育研究を行う。

 スポーツ・健康医科学科においては、幅広い臨床医学の教養を有し、その知識を背景に生涯にわたる健康の維持・向上に資するために、スポーツや食生活や教育の各分野で中心的な役割を担い得る、健康に関わる諸科学に関する専門的知識と技能を有する、健康医科学、健康スポーツ科学、健康環境論の専門家を育成するために必要な教育研究を行う。

 健康栄養学科においては、管理栄養士の国家資格を目指し、幅広い教養と、専門的かつ科学的な知識、高度な実践能力を有し、人々の健康の保持増進、生活の質の向上を通して健康長寿社会に貢献していく中心的な役割を担い得る人材の育成のために必要な教育研究を行う。

福祉貢献学部

 福祉貢献学科 社会福祉専攻においては、社会福祉士、精神保健福祉士等の国家資格を目指し専門職としての実践を通して社会に貢献する人材、及び教育や福祉に関する専門的知識・実践力・マインドを習得し、福祉社会の成熟に貢献できる人材の育成のために必要な教育研究を行う。

 福祉貢献学科 子ども福祉専攻においては、保育士や幼稚園教諭の資格取得を目指し、幼児教育の専門家として中心的な役割を担い得る人材、及び幼児教育の範囲にとどまらず社会福祉の知識をも利用して、社会が必要とすることに積極的にかかわれる人材の育成を目指し必要な教育研究を行う。

交流文化学部

 交流文化学科は、さまざまな文化的背景を持つ人々との交流を通して、広い視野から社会を眺め、多様な考え方、生き方、文化を受け入れることができる積極的な姿勢、そして新しい社会・文化を生成する力を育成するための教育研究を行う。

ビジネス学部

 ビジネス学科は、現代社会で活躍しうる実践的専門性を備えたビジネスパーソンを育成するため、現代ビジネスに関する諸分野の教育研究を行うことを目的とする。

グローバル・コミュニケーション学部

 グローバル・コミュニケーション学科は、常に変化する国際社会を理解し、国内外の様々な事象を意識し、グローバルな視点を持てるようになるため、英語運用能力と幅広い教養を身につけるために必要な理論的、実践的な教育研究を行う。

大学院の目的

文化創造研究科

 文化創造専攻は、高度の専門的学識の獲得と総合的な文化創造の両立を目指す。
現代社会が要請する科学技術と精神文化との融合のあり方について、文化創造という観点から思索し、凝視し、発見し、提案していくことが、本研究科の使命である。そのために、人間の創造活動を幅広く捉え直して、文学(国文学領域)、文芸(クリエイティブライティング領域)、情報学(図書館情報学領域)、メディア(メディアコミュニケーション領域)、造型デザイン(都市環境デザイン領域)に関わる分野を統合して1専攻とする。広義における表象文化を対象に、各領域の専門的な研究を深めるとともに学際的研究視野をも身につけ、もって高次元の創造的表現を追究することを教育目的とする。

教育学研究科

 発達教育専攻(修士課程)は、広い視野に立って精深な学識を授け、高度の専門性が求められる教員をはじめとする教育に関連する職業を担うための卓越した能力と、これに加えて教育関連諸学における研究能力を培うことを目的とする。

心理医療科学研究科

 心理医療科学専攻は、心理学・社会福祉学・言語聴覚学・言語聴覚障がい学・視能訓練学・視能矯正学・健康医科学・臨床医心理学に関する学問分野について、それぞれ高度な専門性をもって、社会の多様な領域における研究開発や実践活動に活用できる人材を育成するため、これらの異質でありながら相互に関連しあう諸分野の協働を視野に入れた教育研究活動を行う。

グローバルカルチャー・コミュニケーション研究科

 グローバルカルチャー・コミュニケーション専攻は、「言語文化コース」・「交流文化コース」の2つのコースを有機的に連携させることにより、学際的そして実用的な言語の運用能力を重視し、社会科学的な情報分析能力に裏打ちされた実行力で、グローバル社会で研究・実践する人材の養成をめざしている。

ビジネス研究科

 ビジネス専攻は、企業等の実社会で活躍しうる問題解決能力を備えたビジネスパーソン、高度に専門的な職業人としての資格取得者、あるいはビジネスに関する独立した研究者等を養成するための教育研究を行う。