心理医療科学専攻 臨床心理学コース

 心理学を軸として、医療・福祉などの関連領域を幅広く学びながら、心理臨床の実践者として求められる資質の向上が可能となるようカリキュラムを編成しています。特に、最重要の学修課題として、臨床心理士に必要な対象理解の力であるアセスメント能力の深化をはかるために、臨床実践の経験の積み重ねときめ細かな個別指導をおこない、専門性をより高度に発展させるための基盤となる理論を修得します。さらに、心の課題に対する理解と対応の基本とともに、近接する他領域についても学習することが可能です。人間の行動、生理、発達、社会行動に関する科学的理解を 背景とした臨床現場での実践力を有する臨床心理士、対象理解力と関係調整力を備えた臨床心理士を養成します。

臨床心理学領域

 臨床心理士資格を取得した上で、現代社会の抱えるさまざまな人間関係関連の問題の解決や軽減に直接寄与する有為の人材の養成を目標としています。臨床心理士養成の基盤は、多様化している支援の現場に出たときに、新たな課題と取り組みつつ自分自身を成長させていくことのできる人材の養成です。そこで、臨床心理学に特化した研究法のみならず、心理学や医療科学全般に関わる研究法、統計手法、外国語論文の読解能力などの修得を基礎として、幅広い領域の臨床心理学の知見を、臨床実践と連携させつつ修得できるよう配慮しています。また、心理学諸領域、精神医学、心身医学、社会福祉学、医科学などの専門性も関心に沿って選択的に修得することが可能です。

[想定される研究課題 一例]

  • 心理臨床における臨床心理学的面接の理論と技法などに関する研究
  • 人間の逸脱行動における人格的要因の検討
  • 地域支援活動に関する臨床心理学的研究
  • 発達臨床における遊戯療法、表現療法、家族療法などの有効性に関する検討
  • 心理臨床と精神医学や心身医学などの医療領域との連携に関する研究
  • 発達障害児や被虐待児など今の課題となっている子どもたちの心理特性に関する研究
  • うつ病や睡眠障害など働く人たちの陥り易い病態と支援に関する研究

日本臨床心理士資格認定協会 第1種指定校大学院に認定されています。

学部・大学院トップ