心理医療科学専攻 心理学専修

 「生理・認知」「社会」「発達」の3つの側面から心理学についてのより高度な専門的知識や研究に必要な見識と技能を修得します。そのことにより、人間の行動を巨視と微視の両面から科学的に追究する高度専門職業人の育成を目指します。

取得可能な学位 : 修士(心理学)/博士(心理学)

授業科目(2019年度予定)

*カリキュラムおよび内容などは変更の可能性があります。

博士前期課程

講義科目

  • 心理学研究法特論
  • 社会福祉特論
  • 社会福祉方法特論
  • 発達心理学特論
  • 教育心理学特論(教育分野に関する理論と支援の展開B)
  • 臨床心理学研究法特論

演習科目

  • 社会福祉調査法演習
  • 心理アセスメント演習
  • 心理学実験演習
  • 社会調査法演習
  • 心理医療科学統計演習1・2
  • 心理医療科学英語演習1・2

専門中心科目

  • 神経心理学特論
  • 認知神経心理学特論
  • 比較心理学特論
  • 対人社会心理学特論
  • 認知発達心理学特論
  • コミュニケーション心理学特論
  • 生涯発達心理学特論
  • 応用認知心理学特論
  • 比較発達行動学特論

研究科目

  • 心理学研究1〜4

*発達心理学特論、社会調査法演習、対人社会心理学特論今年度開講せず。

博士後期課程

  • 心理学特殊研究Ⅰa・b
  • 心理学特殊研究Ⅱa・b
  • 心理学特殊研究Ⅲa・b

論文題目

博士論文題目

  • 視覚情報処理の制御に関する認知神経心理学的研究
  • ジョイスティック装置による感情リアルタイム評定法の妥当性・信頼性の検討

修士論文題目

  • 視覚情報選択性の維持に関する検討 −ストループ様課題を用いて−
  • 随伴性学習とワーキングメモリの関係性