心理医療科学専攻 心理学・社会福祉学コース

 心理学の「生理・認知」「社会」「発達」の三つの側面から人間の行動を科学的に追究し、また、「社会福祉学の理論化」「社会福祉実践」に必要な知識・技能の修得に関する研究と教育を進めます。体系的かつ学際的なカリキュラムを編成し、学生のニーズと目的意識に基づき、理論、研究、実践の各側面から心理学領域と社会福祉学領域における問題を深めていきます。培った心理学に関する広い学識をもとに、多様な場面での専門性を活かした社会貢献ができる人材、また、多様な社会的支援をより有効に活用するためのコーディネートやそのための研究・開発においてリーダーシップを取りうる人材を養成します。

心理学領域

 人間の「生理・認知」「社会」「発達」の三つの側面から人間の行動を科学的に追究し、認知心理学、生理心理学、神経心理学、社会心理学、発達心理学のより高度で専門的な知識や、研究に必要な見識と技能の修得をめざします。人間の認知行動や発達的変化、消費行動、社会行動、文化的行動に対する理解を深め、さらに行動科学的な専門知識を身につけることにより、ソフト開発、コンテンツ開発、戦略的マーケティングの発案、ユーザビリティの高いインターフェイスの開発などの中核を担う職業人、また、ヒトの心理や認知的変化をより考慮した教育やサービスの提供に貢献する高度専門職業人としての活躍が期待されます。

[想定される研究課題 一例]

  • 認知過程における脳内メカニズムに関する検討
  • 情動ストレス、リラクセーションに関する心理生理学及び神経心理学的検討
  • 対人行動や社会的行動に対するクリティカルシンキングや合理的思考に関する検討
  • 対人コミュニケーションや社会的スキルに関する社会心理学的検討
  • 認知の生涯発達的変化とそれを考慮した隣接領域への応用の検討

学部・大学院トップ