コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)開設科目

コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)

広い視野と行動力を身につけ、社会人基礎力の向上をめざします。

 「地域に根ざし、世界に開く」を基本姿勢に、学生一人ひとりが地域で活躍し、社会に貢献できる人材になることをめざしています。ボランティア活動にとどまらず、学外のさまざまなコミュニティとの連携を強め、「実践的カリキュラム」と「活動サポート」の両軸で学生たちの意欲や想いを実践的な活動に結びつけています。

広い視野と行動力を身につけ、社会人基礎力の向上をめざします。

コミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)の特色

  1. 1「地域や社会に貢献したい」という想いに応える実践的カリキュラム
    企業が実際に抱える課題をグループで解決していくPBL(課題解決)型授業、ボランティア活動やまちづくりに関する基礎知識を修得する授業など、社会貢献活動にすぐ役立つ実践的なカリキュラムを用意しています。
  2. 2地域の多種多様なボランティア活動へのマッチング
    地域の行政機関、、企業、NPOなどから「国際交流・協力」「青少年」「まちづくり」「福祉」「環境」に関するボランティア活動の依頼が届きます。CCCでは、学生の想いに耳を傾け、一人ひとりに合ったボランティア活動を紹介・支援しています。
  3. 3学生が企画・運営する地域活動をサポート
    地域の課題を自ら発見し、解決するために、約30以上の団体が活躍中。活動に行き詰った場合は、CCCスタッフが寄り添い、一緒に課題の解決をめざします。また、学生たちの熱い想いを資金面で支援する制度「チャレンジファンド」も設けています。

カリキュラム

地域へ、未来へ、走り出す。そのために役立つ知識とスキルを修得します。

カリキュラム  地域とつながる上で必要となるメールのマナーなどの一般常識やボランティア活動の基礎を学ぶ入門科目、グループで課題を解決するためのスキルを高める『企画立案の基礎』、実際に地域とつながり、新しいムーブメントを生み出すプロジェクトなど、多様な科目構成で、現場での活動に役立つスキルを修得します。

知識系
ボランティア

ボランティア ボランティアの経験がない、ボランティアをすることにどんな意味があるのかわからない。そんな学生のためにボランティア活動の「リアル」を紹介。ボランティアが実は自分にとっても社会にとっても意味のある行動であるということを理解します。そして、普段なじみのない「社会問題」をテーマに取り上げ、その問題をどう解決したら良いのかをグループで検討する経験を積むことで、学生を新たな気づきへと導きます。

まちづくりマーケティング

まちづくりマーケティング  「まち」に賑わいを取り戻すために、国や自治体はどんな取り組みをしているのか。私たちにできることは何か。どうすべきか。とても難しいこれらの問題に取り組むためのノウハウやツールを修得するための授業です。一軒一軒のお店の現状を理解するツールである「流通論」。状況分析、戦略判断のツールとしても使える「マーケティング戦略論」。これらを中心に経営・流通の基礎を修得し、自分の住んでいる「まち」のために私たちは何ができるのかを考えていきます。

スキル系
企画立案の基礎

企画立案の基礎  あんかけスパゲティの「有限会社スパゲッティヨコイ」、電話帳を企画・制作する「NTTタウンページ株式会社」、賃貸事業を展開する「株式会社レオパレス21」などの企業や、大学の各部署と連携しながら、グループで企画立案をおこなう際の基礎を固めていきます。そのプロセスで身につけたグループで課題を解決する力を、現場でのボランティア活動や実践系科目で活かします。

実践系
CCCキズナプロジェクトA・B

CCCキズナプロジェクトA・B  『企画立案の基礎』で学んだグループワークの基礎をベース に、企画だけにとどまらず、「まち」の活性化のために、実際にアクションを起こすプロジェクト型授業。「まち」に暮らし、「まち」でビジネスをおこなっている方々と一緒にひとつのプロジェクトに取り組むことで、社会人基礎力を高めることができます。かつての勢いを失いつつある「まち」に出て、「賑わい」を取り戻すために、私たちと一緒に行動しませんか?

活動サポート

みんなが蒔いた「種」を、大きな「樹」に育てたい。
地域貢献、社会貢献活動をきめ細かくサポートします。

 CCC拠点に活動する学生団体には、CCCスタッフが「アドバイザー」として寄り添い、活動を進めていく上で見つかった課題の解決をサポートしています。運営資金をサポートする「チャレンジファンド」、行政機関やNPOなど学外の地域団体とのコラボレーションを実現する「コラボメッセ」など、支援制度も充実。年間延べ15,000人を超える学生がCCCを拠点に活動しています。

活動サポート

チャレンジファンド
学生が企画した、地域への貢献度の高い活動を応援

チャレンジファンド CCCでは、学生の社会貢献活動を助成する「チャレンジファンド」を設けています。各学生団体が自ら企画した活動内容をプレゼンテーションする公開コンペティションを毎年開催し、地域のニーズに応える活動や、社会的に意義の高い活動に対して、活動資金を助成しています。2016年度は8団体が採択され、福祉、国際交流・協力、まちづくりなど、各団体が独自の活動に励んで地域貢献に努めています。

2016年度 チャレンジファンドに採択された活動例

■チームわんわん

チームわんわん 手や足に障がいがある方の手助けをするために特別な訓練を積んだ「介助犬」の認知・理解の拡大を目的に活動。小学校では介助犬の説明やデモンストレーション、手作りカルタを実施しています。

■共同料理なごやか

共同料理なごやか 地域の高齢者の方々と料理を通して交流し、地域の人の輪をつくることを目的に活動しています。高齢者の方々と一緒にレシピを考えたり料理をしたりしながら、食生活を見直す機会をつくっています。

■アミーゴ

アミーゴ 日本語指導が必要な外国籍児童に学校を好きになってもらうことを目的に、子どもと一緒に本を読んだり、日本人の子どもたちとの交流をはかったりするなど、楽しく異文化理解ができるよう活動しています。