全学共通教育

豊かな人間性を育み、未来の可能性を広げる。

全学共通教育 全学共通教育とは、すべての学生が自由に履修できる、幅広い科目群です。愛知淑徳大学の理念を学び、自分のあるべき姿を見つめる「基幹科目」をベースとし、思考力とコミュニケーション能力を養う「日本語表現科目」、ボランティア活動やインターンシップ、海外留学などを通して、実践的に学ぶ「アクティブラーニング科目」、さらに、多様な知識・技術を身につけるさまざまな科目を自由にカスタマイズし、実社会で即戦力となるスキルと、豊かな人間性を養うことができます。

全学共通履修科目

基幹科目

愛知淑徳大学の理念を学び、自分のあるべき姿を見つめ、自分の考えを効果的に表現する力を高めます。

全学日本語教育部門日本語表現科目の詳しい情報は、全学日本語教育部門(国際交流センターホームページ)をご覧ください。別ウィンドウで開きます。

日本語表現科目

自らの思考力を高め、自分の意見を正確に伝える、効果的な日本語表現スキルを養います。

アクティブラーニング科目

コミュニティ・コラボレーションセンター開設科目

地域社会と大学とのパートナーシップを推進します。ボランティア活動の支援など、学生が地域と意欲的に関わることをサポートし、地域の発展に貢献する活動をおこなっています。


キャリアセンター開設科目

将来の目標の実現をバックアップするキャリアセンターでは、貴重な就業体験となるインターンシップを実施。一定の要件を満たすことによって、インターンシップは単位として認定されています。2014年度に新設科目として、「海外インターンシップ」、「プロジェクト・ベースト・ラーニング」を開講します。


国際交流センター開設科目

海外交流協定校で実施される語学研修に加え、アメリカでのインターンシップ研修なども実施しています。また、日本在住の外国人と交流をする授業や国内外で活躍する方を講師に招きおこなう授業もあります。2014年度に新設科目として、「TOEFL iBTトレーニング」を開講します。

言語活用科目

「英語」「中国語」「韓国・朝鮮語」の3つの柱に加え、ドイツ語、フランス語、ロシア語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語といった世界のさまざまな言語も学べます。

コンピュータ活用科目

情報処理の基礎的な知識を養う科目から基本情報技術者などの資格取得を支援する科目まで、幅広く開講しています。

資格教育科目

会計教育科目

公的資格として知名度の高い「日商簿記検定」の合格を目標に、等級レベルに合わせた段階的なカリキュラムを展開。ビジネスシーンで役立つ、会計分野の知識・技能を修得します。


教職課程科目

中学校・高等学校の教諭免許状を取得するための科目群です。


司書課程科目・学芸員課程科目

必要な科目を履修することにより、司書、学芸員の資格が取得できます。

教養教育科目

社会人として必要な常識・基礎的知識・教養を養う科目や豊かな人間性を育むための科目を開講しています。

スポーツ科目

スポーツの役割や意義を学び、生涯スポーツの実践へとつなげます。