日本語表現科目

自分の考えをまとめ、意見を正確に伝える
日本語運用能力と思考力、コミュニケーション能力を高めます。

日本語表現科目には、全学必修の基幹科目である『日本語表現T1』のほか、応用科目『日本語表現T2』、発展科目『日本語表現A・B・C』があり、段階的に学ぶことで実践的な日本語運用能力を身につけることが可能です。自分の考えを整理し、的確な言葉で相手に伝える力は、仕事や人間関係の構築など、あらゆる場面で活かせる能力と言えます。

日本語表現科目のポイント

  1. 1愛知淑徳大学のオリジナルテキストを使用
    入学直後におこなわれる学習力調査結果をふまえ、学生の日本語力や学修傾向を分析して作成したオリジナルテキストを使用しています。学生の実態に即した内容のテキストで、効率的に日本語運用能力を身につけることができます。
  2. 2演習中心の授業で実践的な力を磨く
    ブレーンストーミング、プレゼンテーション、小論文の相互添削など、グループワークを多く取り入れています。自分の考えをまとめて相手に伝える確実な日本語運用能力を養成します。
  3. 3レポートの書き方を基礎から学ぶ
    大学生になったら必ず書かなくてはならないレポート。参考文献の探し方から提出する時のルールまで、レポート作成の基本を徹底的に指導します。
  4. 4目的や関心に合わせ、ハイレベルな発展科目も履修可能
    「説得力のあるレポートを書きたい」「社会人として恥ずかしくない敬語の使い方をマスターしたい」「ビジネス文書の書き方を究めたい」「小説を書いてみたい」など、それぞれの目的や関心に応じて、7種類の発展科目から自由に選択して履修できます。

日本語表現科目のポイント