短期研修プログラム

短期研修プログラムとは

夏休み・春休みを利用し、本学の交流協定校などで実施され、終了者には本学の科目として2単位が与えられます。渡航前には複数回のオリエンテーションや危機管理セミナーが実施されます。研修には本学教員が一定期間引率する為、海外留学が初めての人にとっても、参加しやすいプログラムとなっています。

研修が実施されない年もあります。随時、国際交流センターやCampusSquareで最新の情報を確認してください。

夏季研修

英語海外セミナーⅠ

研修先
ノースカロライナ大学ウィルミントン校(アメリカ)
対象 全学部生 単位数 2単位
実施期間 8月中旬~9月中旬 応募条件 特になし

アメリカ東海岸にある静かなウィルミントン市に位置するこの大学は、教育水準の高さと全米でも屈指のきれいなキャンパスで知られています。英語コースも丁寧な指導で基礎から応用まで学生のレベルに応じた充実したカリキュラムが組まれています。

英語海外セミナーⅡ

研修先
フレーザーバレー大学(カナダ)
対象 全学部生 単位数 2単位
実施期間 8月中旬~9月中旬 応募条件 特になし

カナダ西海岸のバンクーバー郊外に位置するアボッツフォード市にある自然に囲まれた緑豊かな環境で英語を学びます。8月でも最高気温の平均は24度程度です。快適な環境で英語の4技能を実践的な面から学ぶことができます。

韓国・朝鮮語海外セミナーⅠ

研修先
梨花女子大学校(韓国)
対象 全学部生 単位数 2単位
実施期間 8月中旬~9月中旬 応募条件 特になし

ソウルの梨花女子大学校で様々な国の学生と共に韓国語と韓国文化の集中授業を受けます。大学のある新村(シンチョン)は若者の街として活気があり、滞在中にソウルの町を満喫できます。通常の授業の他に、梨花女子大学と愛知淑徳大学の学生が一緒に研究し、発表する日韓共同授業もあり、韓国の同年代の学生と深く交流できます。これは韓国の学生の考え方、日本との違いを学ぶよい機会となります。また、文化講座や文化施設見学の観光も予定されており、韓国の文化や日常生活を体験することができます。

春季研修

米国NPO インターンシッププログラム

研修先
ワシントンD.C. 周辺の非営利組織(アメリカ)
対象 全学部生・大学院生 単位数 2単位
実施期間 2月中旬~3月中旬 応募条件 特になし

The Civil Society Consulting Group LLC(CSCG)の代表者Dr. Kenn Allen と本学との共同プログラムで、ワシントンD.C. 周辺の非営利組織(NPO,NGO,ボランティア団体)でインターンシップを行います。研修期間中はホームステイをしながらアメリカの多方面にわたる日常生活も経験できます。他の語学研修とは異なり、現地ですぐにインターンシップ研修が始まるため、出発前に約4か月の事前研修を受けて充分な準備をします。そのため、募集期間が他の春季研修より早いので注意してください。

中国語海外セミナーⅠ

研修先
南京師範大学(中国)
対象 全学部生 単位数 2単位
実施期間 2月中旬~3月中旬 応募条件 特になし

南京師範大学の宿泊施設に滞在しながら、中国語・文化研修を受けます。この研修の目的は中国で本場の中国語を学習するとともに、中国の文化と歴史に触れ、中国人との交流を通じて中国社会に対する理解を深めることです。研修期間中に企画されている南京師範大学日本語学科の学生との交流会は、中国語コミュニケーションを実践することができ、異文化理解を深める絶好の機会となります。また、古都・南京の名所旧跡を巡ることは、中国の歴史を学ぶ上でも貴重な経験となり、日本への帰国前に訪れる上海では、中国近代化の現状を目の当たりにして、中国の新たな一面を発見することになるでしょう。

英語海外セミナーⅢ

研修先
CQ大学(オーストラリア)
対象 全学部生 単位数 2単位
実施期間 2月中旬~3月中旬 応募条件 特になし

オーストラリア東海岸のロックハンプトンは、ケアンズとブリスベンの中間に位置し、温暖な気候で緑や花に囲まれた恵まれた環境です。クラス分けテストで自分の所属クラスが決まります。南半球の2-3 月は夏から秋に相当します。アウトドア活動も含めて、アクティブな英語の学修を楽しむことができます。

このほかにも、各学科やゼミ単位で様々な海外研修プログラムが行われています。

PAGE TOP