8月1日以降の授業について(2020.7.31)

愛知淑徳大学学生の皆さん

 新型コロナウイルス感染症の社会的拡大に歯止めがかからない状況下で、本学においても、すでにHPでお知らせした通り、陽性と判定された学生が発生しました(学外での感染)。こうした状況の下、学内での感染拡大を予防するために、8月1日から学生の皆さんの大学への出校を原則、全面禁止とすることとしました。
 出校禁止期間は現時点では8月31日までを想定していますが、新型コロナウイルス感染症の状況によって変更せざるを得ない状況が考えられます。出校禁止解除については、改めて、大学ホームページ、Campus Squareを通じて告知しますので、それに従ってください。
 なお、授業は全面的に遠隔授業に切り替えて継続しますが、個々の授業の実施については、授業担当者あるいは大学から別途連絡します。

 このような措置に踏み切らざるを得ないことを大変残念に思いますが、学生の皆さんの健康と安全を守るための措置です。ご理解とご協力をお願いするとともに、学生の皆さんに置かれては、自身が感染拡大者とならないように、感染予防を万全とし、日々の生活様式を見直し、適切な行動をとることを切に願います。感染予防行動を取ることは、学生の皆さん個々の社会的責任であることを自覚してください。

 最後に、感染された学生の一刻も早いご恢復を祈念しております。

2020年7月31日
愛知淑徳大学学長
島田 修三