阿部 卓也/あべ たくや

メッセージ

メディアプロデュース専攻について(何を学ぶところ?)
「メディア」や「プロデュース」を専攻するとはどういうことでしょうか? どちらも比較的新しい概念ですから、何が学べるのだろうと疑問に思う人もいるかも知れません。ましてや、この専攻を卒業したとき、皆さんはどのような段階に進めて、何者になれると保証されているのでしょうか?
しかし実は「文学」や「法律」や「工学」といった、より歴史ある学問分野を含め、どんな専攻であれ、いまや大学を卒業さえすれば自動的に次の社会的ステージに進める、というモデルは崩壊しています。そんな中で、いま大学に求められる役割とは、むしろ学生の皆さんが様々な知識をつなぎ、自分自身を客観的に認識して、新しい目標やキャリアを自覚する転機となるような、メディア(媒介)の役を担うことだと考えます。メディアプロデュース専攻も、皆さんが確かな知を学びながら、一人ひとり創造的な未来を自覚的にデザインできるような場でありたい、とわたしは願っています。

入学したみなさんへ(しぶとく行こう!)
いまは、あなたが進むべき道の価値や確かさを、社会や大人が保証してくれない、困難な時代です。そこでは、異なる他者を受け入れる多様性や、勝手な思い込みに捉われない柔軟性がもちろん必要ですが、何よりも自分の取り組みにこだわりや執念を持つことが、とても大切です。何かを「やる」べきか「やらない」べきか。どちらにせよ、もっともな理由は無限に発明できます(あなたが何もしなくても、別に誰も困らないのです!)。だからこそ私たちは、ひとりひとりが自分で考え抜いたことを信じて、諦めずに続けることによってしか、何かを成し遂げることはできないと思います。お互いに、頑張りましょう。

担当授業

広告表現入門、デジタルコンテンツ実習II(CG動画)、デジタルコンテンツ実習IV(DTP)、メディアプロデュース基礎演習、メディアプロデュース演習、メディアプロデュース概論(オムニバス)

演習(ゼミ)について

テーマ:デザインの理論と実践の連環

ゼミのテーマはデザインです。デザインとは、ルールを自覚し、目的のためにルールを変えていくことです。皆さんが、そのような「デザイン的な態度」を獲得し、これから持続的に創造性のある活動をおこなっていけるように、理論的/分析的な学びと、制作/表現の実践の双方に取り組むことを目指します。

授業内では、プレゼンテーションやグループワークを繰り返して、各自のテーマを具体的な取り組み案としてかたちにし、作品制作や論文執筆をおこないます。教員からの講義も折々おこないますが、基本的に各自の問題意識を深め、段階的に発展させていくためのゼミです。ですから、まだはっきりとしたものでなくても、あなた自身のテーマや関心を持ち寄ることが必要です。

ゼミ生の研究テーマの例
「新しい映像メディア環境や撮影技術を前提にした、アニメや短編映像の制作」
「既存のマンガ作品を表現上の要素に分解し、組み替えて新たな作品を作る実験制作」
「スマホゲームを『システム』と『キャラ』の要素に分解し、キャラとは何かを考察する論文」

研究課題・活動など

研究領域:記号論、メディア論、デザイン論

デザインを、技術やメディアと社会の交錯する場という観点から捉え直し、また実践することが私のテーマです。最近は特に、50年代末から90年代の日本における文字と書物のデザインを、光学技術からデジタルへの佳境という技術論の視点から捉え直す歴史的な研究に取り組んでいます。

デザイナーとしても活動しています。たとえば以下のような仕事をしています:

「仮面ライダークウガ」キャラクター(怪人)デザイン
©石森プロ・テレビ朝日・ASATSU D.K.・東映

 

テレビ局CI(マスコット)「ゴエティー」デザイン
©岩手朝日テレビ

 

装幀/装画/ブックデザイン
(慶應義塾大学出版会、東京大学出版会、新曜社ほか多数)

略歴

学歴)
武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科 卒業
東京大学大学院 情報学環 修士課程 修了
東京大学大学院 情報学環 博士課程 単位取得満期退学

(職歴)
フランス・ポンピドゥーセンターIRI 招聘研究員
(参加プロジェクト:市民向けフリーソフトウェアの開発、公共イベントの企画とそのためのグラフィック/エディトリアルデザイン)
東京大学 大学院 情報学環 特任助教、のち特任講師
(主要業務:新図書館計画における図書館改革の実践。図書館での学生協働、教職連携によるスタッフディベロップメント等)
以上を経て現職。

その間、
武蔵野美術大学 造形学部 デザイン情報学科(記号論基礎、デザイン情報学特論)
明治大学 情報コミュニケーション学部(記号論)
成蹊大学 文学部 現代社会学科(メディア論、情報デザイン論、発信する武蔵野地域文化)
東京大学 教養学部 前期課程(記号論、学術俯瞰講義)
などで非常勤講師。

(所属学会)
日本記号学会、大学教育学会

(受賞)
第4回竹尾賞 デザイン史研究論文部門優秀賞(研究論文)
静岡市クリエーター支援センター ニュークリエイターズコンペティション 2009 キュレーター部門受賞(映像インスタレーション。甲元賢治、林俊之との共作)
第1回岩手県屋外広告物コンクール岩手県知事賞 (マスコットキャラクターのデザイン。受賞者:株式会社岩手朝日テレビ)
第17回図書館総合展ポスターセッション最優秀賞受賞(クリエイティブ・ディレクション/デザイン。受賞者:東京大学附属図書館 新図書館計画 課題検討グループ)