HOME > 一般事業主行動計画

一般事業主行動計画

 次世代育成支援対策推進法及び女性活躍推進法の趣旨を踏まえ、本学園の教職員が仕事と子育ての両立ができ、働きやすい環境を構築することにより、男女の別なく教職員が活躍できるようにするため、行動計画を策定する。

1.計画期間

 平成28年4月1日から平成33年3月31日まで(5年間)

2.課題

 採用した労働者に占める男女の割合、男女の平均勤続年数、管理職に占める女性労働者の割合等における判断目安とされる数値目標に達成していることから、下記の目標と計画を策定する。

3.目標

 職員のワークライフバランスを推進し、事務職員の平均残業時間を10%削減する。

4.取組内容

(1)仕事と育児が両立できる環境・風土の維持・改善

  1. 妊娠、出産、子育てに関する諸制度や学内保育室のリーフレットを全教職員に配布、周知の徹底を図る。
  2. 保健管理室、学内保育室等との連携による、育児休業から職場復帰後の職員の健康及び育児相談ができる機会を設定する。
  3. 仕事と生活を両立しやすい職場風土の維持・改善に向けた管理職のマネジメント力強化の研修等を実施する。

(2)超過勤務削減のための施策を講じる。

  1. 業務内容の見直し、改善により労働時間の適正化を図る。
  2. ノー残業デーを設定・徹底を図り、超過勤務の縮減を図る。

(3)年次有給休暇の取得を推進する。

  1. 有給休暇取得状況を把握する。
  2. 計画的な年次有給休暇の取得や、休暇を取得しやすい環境づくりに努める。

女性の活躍に関する情報公開(平成28年3月1日現在)

1. 採用した職員に占める女性職員の割合

  全体 教育職員 事務系職員
直近事業年度の女性の採用者数 (A) 46 24 22
直近事業年度の採用者数 (B) 75 51 24
採用した職員に占める
女性職員の割合
(A)/(B) 61.3% 47.1% 91.7%

2. 管理職に占める女性職員の割合

 教育職員(役付) :21.8%
 事務系職員 :68.8%

3. 係長級に占める女性事務系職員の割合

 79.2%