発達教育専攻

 近年、学校や教員をめぐる環境が大きく変化しています。本学文学部教育学科は、そのような変化にも対応できる小学校や特別支援学校の教員、および生涯学習分野での指導者の養成に力を注いできました。
本研究科は、この文学部教育学科を基礎に「広い視野にたって精深な学識を授け、高度な専門性が求められる教員をはじめとする教育に関連する職業を担うための卓越した能力と、これに加えて教育関連諸学における研究能力を培うこと」を目的としています。
本研究科では、本学が総合大学であるという特色を活かして、幅広い教養と高度な専門的知識、並びに実践的技能の習得によって、学校教育における複雑・多様化する教育課題に挑む能力を持つ小学校教員をはじめとする教育界の指導的人材と教育関連諸学の研究者の養成をめざします。

設置の趣旨

 わが国における重要かつ緊急の課題は、教員の確保と質の向上です。その実現に向けて留意すべきは、国際化が進展する「知識基盤社会」に生きる児童の教育に対応できる教員の育成です。
本研究科は、学校教育における課題の複雑・多様化が進む中、教員をめぐる状況の変化に柔軟に対応できる人材や、生涯学習や生涯発達支援に関して指導力を発揮できる人材育成を目標とします。
また本研究科では、総合大学の持つ多様性を活かした教育課程を編成し、幅広い教養と高度な専門知識を身につけ、小学校教員をはじめとする教育界の指導的人材と、教育関連諸学の研究者の養成をめざします。

学部・大学院トップ