国文学科

日本の文学や国語学、中国文学を広く深く学び、創造的思考力を磨きます。

日本の古典文学、近・現代文学、国語学、中国文学を中心に学びます。文章表現力を鍛え、論理的な意見を組み立てる力を磨き、課題の発見から解決に至るまでを自分自身で導き出せる人材の育成をめざします。将来は、国語科教員をはじめ、公務員、一般企業など幅広い分野での活躍が期待されています。

国文学科の概要

国文学科の特色

多彩で豊富な専門科目
学びの選択肢が広がります

国文学の専門分野に関して、幅広い選択ができることが特長です。豊富に用意された授業・ゼミの中から、興味に応じて自分好みの科目やテーマを選べます。共通の関心を持つ仲間と出会い、テーマを究め、表現のトレーニングをし、コミュニケーション力、プレゼンテーション力を高めていきます。

教員をめざす学生を
徹底サポート

教員志望の学生向けに、実践的な指導力が身につく科目を開講。中学・高校での現場経験が豊富な教員たちが、丁寧な指導をおこなっています。教員免許状取得という必要最低限の条件をクリアするだけでなく、教育現場で必要なスキルを身につけることで、即戦力となる教員を養成します。また、小学校の教員免許状も併せて取得可能なプログラムも用意されています。

少人数指導体制による
細やかなケア

ゼミは少人数クラスでおこない、自主性を尊重しながら、学生の適性・学力に合わせて丁寧にサポート。学生が教員に親近感を覚え、相談しやすい環境を整えています。また、学年ごとに分かれてのゼミは、同年代での自由な意見交換を通して、批評的思考力を高める場となっています。

国文学科の魅力

文学を読んで味わおう

国文学科で文学作品を読むということは、文章を読み解くだけではなく、その時代の「慣習」「文化」「自然現象」「筆者の状況や思想」などを読み取り、真意を探るということです。

文学を読んで味わおう

ゼミナールを中心に文学作品を読み、学生同士で意見を出し合う中で、文学作品の奥深さにふれながら自らの意見を述べる力や創造的思考力を磨きます。

  • 文学を読んで味わおう
  • 文学を読んで味わおう
  • 文学を読んで味わおう
  • 文学を読んで味わおう

授業風景

国文学演習Ⅱ
  • 日本の文学や国語学、中国文学を広く深く学び、創造的思考力を磨くことを目的としている愛知淑徳大学文学部の国文学科。3年次からはゼミナールが始まり、学生一人ひとりが自らのテーマを追究していきます。そのゼミの一つが、小倉斉教授が担当する「近代文学Ⅰ」です。主に明治・大正時代の文学を対象とし、4年次には「学生生活の集大成であり、卒業後の生き方の礎ともなる」卒業論文執筆に取り組みます。

  • 国文学演習Ⅱ

国文学演習(1)上代b
  • 愛知淑徳大学の国文学科では、日本の近・現代文学や古典文学、中国文学などさまざまな文学をひもとく中で、読解力はもちろん、作家の心情を推し量る考察力や相手にわかりやすく発表するプレゼンテーション能力、物事を正確に解釈し端的にまとめる論理的思考力などを鍛えています。3年次からはそれぞれの興味を追究するために、少人数のゼミナールが開講され、専門的知識も養います。そして4年次には専門ゼミナールに所属しながら自らの研究テーマをまとめる卒業論文執筆に取り組みます。今回は3年次からはじまる専門ゼミナールのひとつ、中野謙一ゼミを取り上げ、その授業内容を紹介します。

  • 国文学演習(1)上代b

TOPICS座学に留まらず、国文学に必要な様々な力を実践的に養います。 詳しく読む
国文学会運営委員

主体的な研究、学修および親睦を深めることを目的とした国文学会のさまざまな活動を企画・運営する国文学会運営委員。志願した学生たちで構成され、積極的に活動しています。

  • ●研究旅行
    毎年5月頃、フィールドワークを通じて文学の理解を深める研究旅行が開催されます。2018年度は、福井県小浜市(旧若狭国)を訪れ、文学にゆかりのある地を巡り、見聞を広めました。

    研究旅行

  • ●新入生研修合宿
    大学全体として実施する行事で、国文学科では国文学会運営委員が準備・運営を担います。履修登録ガイダンスでは、時間割の組み方をアドバイスし、新入生をサポートしています。

    新入生研修合宿

  • ●文学部講演会
    年2回、学外の研究者をお招きし一般公開の講演会を開催しています。2018年度は本学名誉教授の岩下紀之先生に、現代も生き続ける、連歌の魅力について語っていただきました。

    文学部講演会

キャリアプランニング

公務員、教師やサービス業など、さまざまな分野で活躍する国文学科の卒業生が講師を務めるオムニバス形式の授業。

  • ●国文学科での学びと社会で生きること
    高校で国語科教師を務める国文学科の卒業生には、教員になるために取り組んだことや仕事のやりがいについてプレゼンテーションしていただきました。グループワークで学生たちは教員の立場から生徒をどのように指導すべきかについて考え、活発に意見交換をおこないました。

    • 国文学科での学びと社会で生きること

    • 国文学科での学びと社会で生きること

    • 国文学科での学びと社会で生きること

就職決定者の声多くの先輩が、国文学科から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 就職決定者の声

  • ゼミでの議論で学んだ、多面的に捉えて考えるということ。他者の意見に耳を傾ける大切さも伝えていきたい。

    卒業生

    吉田 ひとみさん
    文学部 国文学科 2018年度卒業
    (愛知県立五条高等学校出身)
    就職先:愛知県教育委員会(高等学校教諭・国語)

    中学生のとき、文学作品の感想を語り合う授業で、さまざまな視点から作品を読む面白さを知りました。教師になって、その魅力を生徒に伝えたいと国文学科へ。ゼミでは谷崎潤一郎や夢野久作などの作品を題材に、ゼミ生が自分の解釈を発表し議論しました。多様な意見を聴くことで作品の新たな魅力が発見できたことに加え、自分が常識と思っていることも、視野を広げて多面的に捉えなければと考えられるようになりました。これから教師として、作品の面白さと共に他者の意見に耳を傾ける大切さも生徒に伝えていければと思います。

資格・免許

取得できる資格・免許
  • 中学校教諭一種免許状(国語)/
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)/
  • 司書/
  • 学芸員
目標とする資格など
  • 小学校教諭一種免許状/
  • 日本漢字能力検定

文学部では、教員を志望する学生のさまざまな要望に応えるために、「文学部教員免許状取得プログラム」を開設し、多様な選択肢を用意しています。このプログラムを利用して、一定の条件を充たせば、中高教諭免許状(一種)と小学校教諭免許状(一種)とを併せて取得することも可能です。

就職

教員採用試験合格者実績(2018年度)
  • 中学校・高等学校 9名(3名)/
  • 特別支援学校 1名 
  • 計10名(3名)
  • ※( )は内既卒者
就職先一覧
  • 愛知県教育委員会/
  • 川崎市教育委員会/
  • 岐阜県教育委員会/
  • 静岡県教育委員会/
  • 名古屋市教育委員会/
  • 愛知県庁/
  • 一宮市役所/
  • 大垣市役所/
  • 石川県警察本部/
  • 海部地区環境事務組合/
  • 春日井商工会議所/
  • (公)豊田市文化振興財団/
  • 青山商事/
  • エイベックス/
  • ジェイアール東海髙島屋/
  • スターバックスコーヒージャパン/
  • 日本通運/
  • リゾートトラスト/
  • ローム/
  • あいおいニッセイ同和損害保険/
  • あいち豊田農業協同組合(JAあいち豊田)/
  • SOMPOケア/
  • 日本製鉄/
  • 日本生命保険/
  • 明治安田生命保険/
  • 愛知銀行/
  • 八十二銀行/
  • 三菱UFJ銀行/
  • 東春信用金庫/
  • 東濃信用金庫/
  • 日本郵便

研究テーマ

  • 『古事記』において女の嫉妬が語られる意味
  • 源氏物語における「髪」の描写の意味
  • 筒井康隆の変容、あるいは虚構意識の深化 -実験小説群から『モナドの領域』まで-
  • 『明暗』の語らない「語り手」 −言外に潜むもの−
  • 穴だらけの物語 −『イリヤの空、UFOの夏』試論−
  • 上田秋成の読本『雨月物語』と溝口健二の映画『雨月物語』の比較
  • 中部における新イントネーションの変容と拡張
  • 『三国志』と『三国志演義』