別科主任メッセージ

留学生別科は「どこでも使える堂々とした日本語」を学ぶための場として設立されました。そのために専門教育を受けた教師と学習環境を整え、少人数クラスで一人一人のニーズに可能な限り対応する授業を行ってきています。
授業は楽しくおもしろくなければなりません。私たちは様々なものを教材として使います。日本の社会で起きていることすべてが教材となります。ニュースの形で、絵や写真の形で、テレビドラマ、映画の形で。そしてただそれらを受けるだけの学習に止まらず、創造する授業もします。中級、上級ではスピーチ、討論もすればコマーシャルを作ったり、ドラマのシナリオを作ったりもします。愛知淑徳大学留学生別科に入学した学生はどの学生も9ヵ月間楽しく、おもしろく、そして有意義に勉強し、修了するときには入学した時より9ヵ月分上級の日本語が使えるようになっているのです。一人の例外もありません。
あなたが日本に日本文化に興味があるなら、そして日本語学習を本当にやりたいと思っているなら、愛知淑徳大学留学生別科に来てみませんか。今までに受けたことのない授業を受けて本物の「日本語使用者」になりましょう!

阿部 美枝子

PAGE TOP