国際交流・留学

国際交流

国際交流 世界への視野を広げるための窓口として、海外の大学などとの連携を深めています。
 学生たちが広い世界へ一歩を踏み出し、海外の文化や社会を体験・体感できるように、国際交流センターでは、交流協定校などとの連携を深め、短期研修制度や留学制度を充実させています。担当職員が留学に関する個別相談にも対応し、学生一人ひとりの興味や目標に合わせ、留学先の選択や留学に向けた準備などについて親身になってアドバイスします。また、海外留学情報を発信する国際交流プラザなど、海外への視野を大きく広げるための環境も整えています。

留学

世界の大学が、一人ひとりの夢を受けとめてくれます。

留学 欧米からアジアまで、世界各国の大学と海外提携ネットワークを結んでいます。短期研修制度のほか、交換留学をはじめとする留学先大学での修得科目が本学の単位として認定可能な留学制度が整っています。

短期研修

 夏休み・春休みを利用し、海外で愛知淑徳大学独自の研修プログラムを実施しています。語学研修やインターンシップ研修などの各短期研修プログラムでは、教室での学習のみならず、現地での生活、人々との交流を通し、異文化を肌で感じることを目的としています。

研修・プログラム一覧(2017年度)

交換留学

 学内選考により交換留学生として認定を受け、愛知淑徳大学協定校へ派遣される留学制度です。留学先の大学で修得した単位は、60単位を上限として愛知淑徳大学の授業科目として単位の認定を受けることができるので、原則として留学による卒業延期はありません。留学期間は半年から1年で、留学先の大学での授業料は原則として免除となります。

派遣先大学一覧(2017年度)

単位修得留学制度

 海外の大学(語学学校・専門学校は対象外)での単位修得を目的とする学生を対象とした留学制度です。留学期間は半年から1年で単位修得留学審査で認定されると、留学先での修得単位を60単位を上限として愛知淑徳大学の単位として認定を受けられますので、休学することなく自分の選んだ大学へ留学することができます。その場合、4年間で卒業は可能ですが、留学先でかかるすべての費用と本学の授業料、教育充実費を支払う必要があります。

複数学位取得プログラム

 2007年度より愛知淑徳大学と天津外国語大学では、複数学位取得プログラムを実施しています。このプログラムでは、原則として、1・2年次を愛知淑徳大学で学び、3・4年次を天津外国語大学で学びます。天津外国語大学で修得した単位は、帰国後、愛知淑徳大学の卒業単位として認定されます。休学することなく最短4年間で卒業することが可能になり、両大学から学位(学士)を取得することができます。

海外留学Q&A

Q.留学に関する相談はどこですればいいですか?
A.大学の留学制度や短期研修に関する質問は国際交流センターへ。個人留学や海外ボランティアなど、個人レベルでの海外留学に関する情報提供もおこなっています。豊富な経験を持つ専門スタッフが対応しますので、安心して相談できます。
Q.就職活動と留学の時期が重なる場合、どうしたらよいですか?
A.留学時期・期間によっては就職活動の時期と重なることがあります。国際交流センター、キャリアセンターの個別相談を活用し、帰国後のことまでよく考えて留学計画を立てましょう。
Q.交換留学には1年生でも申し込めますか?
A.1年生であっても応募条件を満たしていれば、冬季派遣には応募できます。
Q.留学先での生活費はどれくらいかかりますか?
A.過去の交換留学生の報告をもとに1カ月あたりの生活費を算出してみました。参考にしてください。
国名 大学 現地生活費目安
アメリカ ミシシッピ女子大学 約8万円/月
ミシシッピ大学
ウエスト・バージニア大学
オーストリア グラーツ大学 約5万円~8万円/月
ドイツ ハンブルク大学
チェコ パラツキー大学
イギリス オックスフォード・ブルックス大学
オーストラリア キャンベラ大学 約8万円/月
中国 南京師範大学 約3万円~6万円/月
北京師範大学
天津外国語大学
台湾 文藻外語大学
韓国 梨花女子大学校 約5万円~8万円/月
東亜大学校
大邱カトリック大学校
国立木浦大学校

留学先での1カ月あたりの生活費についてはPDFファイルにてご覧いただけます。(77KB)