日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構の奨学金は、勉学に励む意欲があり、またそれにふさわしい能力を持った学生が経済的理由により修学をあきらめることのないよう支援することを目的として国が実施する制度です。奨学金には、「貸与型」の奨学金と「給付型」の奨学金があります。奨学生の皆さんは、奨学生としての自覚を持ち、申請から返還手続きまで、期日を守り確実に手続きを行いましょう。「貸与型」「給付型」の奨学金ともに学業基準と家計基準の要件があり、要件に満たない場合は採用となりません。
採用後も各種説明会への参加、書類の提出、各種手続き(継続手続き・在籍報告等)があり、怠ると奨学生の資格がなくなります。

奨学金に関する連絡について

奨学金の申請時、採用時、また貸与中には、重要な連絡をすることがあります。学生事務室または教学事務室からCampusSquareや掲示板を通じてお知らせをしますので、確認を怠らないようにしてください。奨学生に電話で確認連絡をすることもありますので、着信が残っていたら折り返しの連絡をお願いします。本学奨学金担当者と奨学生が連絡を取れないことにより、奨学生が不利益を被ることもありますので、ご注意ください。
なお、奨学金は奨学生本人(学生本人)に貸与されるものですので、奨学金に関する質問や相談は、奨学生本人が行って下さい。

貸与奨学金

貸与奨学金には「第一種(無利子)」及び「第二種(有利子)」があります。
貸与奨学金の場合、卒業後20年以内(最長)に返還する義務があり、申込時には保証人2名(保護者の他にもう1名必要で、本人とは別生計を営み、原則として65歳未満の4親等以内の者)を立てることになっています(機関保証制度を選択した場合は不要)。

2020年度
対象 種類 貸与月額
学部生 第一種(無利子) 自宅 2万・3万・4万・5万4千円から選択
自宅外 2万・3万・4万・5万・6万4千円から選択
第二種(有利子) 2万~12万の1万単位から選択
大学院生 第一種(無利子) 博士前期課程 5万・8万8千円から選択
博士後期課程 8万・12万2千円から選択
第二種(有利子) 5万・8万・10万・13万・15万円から選択

入学年度によって貸与月額は変わります。

給付奨学金・授業料等減免(学部生)

給付奨学金は原則として返還義務のない奨学金です。世帯の所得金額に基づく区分(第Ⅰ区分~第Ⅲ区分)に応じて支給金額が異なります。また、給付奨学金の対象者は、授業料等減免の手続きを行うことで、授業料等減免を同時に受けることができます。

2020年度
区分 支給月額 授業料等減免
自宅通学 自宅外通学
第Ⅰ区分 38,300円(42,500円) 75,800円 授業料減免上限額の70万円免除
入学金20万円免除(新入生のみ)
第Ⅱ区分 25,600円(28,400円) 50,600円 第Ⅰ区分の減免額の2/3
第Ⅲ区分 12,800円(14,200円) 25,300円 第Ⅰ区分の減免額の1/3

(注1)自宅外通学の場合、自宅外通学であることの証明書類の提出が必要
(注2)生活保護世帯で自宅から通学する人及び児童養護施設等から通学する人は上表のカッコ内の金額

日本学生支援機構 令和2年度奨学金在学定期採用(二次採用)の手続きについて

学部生を対象とした令和2年度日本学生支援機構奨学金在学定期採用(二次採用)について、申請希望者を募集します。今回の募集は給付奨学金(授業料等減免)と貸与奨学金(第二種のみ)となります。
希望者は各種書類をよく読んで理解したうえで郵送にて申請を進めてください。

※今回の申請については2019年1月~12月の本人及び生計維持者の収入で家計基準の判定が行われますので、過去に申請が不採用だった場合でも採用になる可能性があります。
(春申請や高校時の予約採用は2018年1月~12月の収入で判定)
詳細は下記支援機構作成の資料を確認してください。
なお、学力の判定については春採用と同じ判定を行います。

事前準備

1)手続き前に必ず奨学金ガイダンス動画(約30分)を視聴してください。

2)奨学金案内をよく読み支援内容や採用要件※を確認してください。

※給与奨学金(授業料等減免)を希望する場合
給付奨学金にはシミュレーション外部サイトで、以下のいずれかに判定された方が申請できます。 ただし、申請後の機構による選考結果は、状況によってシミュレーションの判定結果と異なる場合もあります。
1.満額の支援(住民税非課税世帯に対する支援)
2.満額の3分の2の支援(上記に準ずる世帯に対する支援)
3.満額の3分の1の支援

手続きの流れ

1)書類の準備学生

申請に必要な書類をCampusSquare>ダウンロード>学生・教学事務室>日本学生支援機構奨学金からダウンロードしてください。

2)書類の郵送学生⇒大学

必ずレターパックライトを使用し大学へ書類を郵送してください。その際は、追跡番号シールを各自で保管し書類が大学に到着したかを最後まで確認してください。
提出期限:2020年10月15日(木)必着
送付書類:・申請に必要な書類
     ・返信用レターパックライト370(送付先住所・宛名・学籍番号を記入)

3)ID・パスワード、マイナンバー提出書セットを郵送大学⇒学生

4)スカラネット入力(インターネット入力)学生⇒日本学生支援機構

※入力後、受付番号はメモしておきましょう

5)マイナンバー提出書類を郵送学生⇒日本学生支援機構

専用封筒に入れ、簡易書留で日本学生支援機構に直接郵送
提出期限:4)のスカラネット入力から1週間以内に必着となるように郵送

6)書類の確認大学⇒学生

書類の内容を確認して、不備や確認事項があれば学生本人へ連絡

7)推薦・選考大学⇒日本学生支援機構

8)初回振込確認学生

不備なく申請し、採用された学生は初回振込が12月になります。

9)誓約書・返還誓約書の交付日本学生支援機構⇒大学⇒学生

学生住所に送付します。提出期限を必ず厳守しましょう。提出の期限が守れない場合は、採用取消となる場合もあります。
提出書類
【給付奨学生】
全員提出するもの
・誓約書
・(該当者のみ)学生本人の住民票
【貸与奨学生】
全員提出するもの
・返還誓約書
人的保証選択者が提出するもの
・連帯保証人の印鑑登録証明書
・連帯保証人の収入に関する証明書
・保証人の印鑑登録証明書
・保証人が4親等以内の親族でない場合や65歳以上の場合「返還保証書」+資産等に関する証明書類
機関保証選択者が提出するもの
・保証依頼書

奨学金申請に関する問い合わせ

不明な点がある場合は、大学のWebメール(Office365)から奨学金問い合わせ用メールアドレス(CampusSquareの二次採用募集の案内参照)へお問い合わせください。
返信はCampusSquareで回答します。

※回答にはお時間をいただく場合がありますので、締め切り間際ではなく、時間に余裕をもってお問い合わせください。

また日本学生支援機構のチャットボットもご利用ください。

日本学生支援機構 令和2年度奨学金在学定期採用 大学院(二次採用)の手続きについて

大学院生を対象とした令和2年度日本学生支援機構奨学金在学定期採用(二次採用)について、申請希望者を募集します。貸与奨学金(第二種のみ)となります。
希望者は各種書類をよく読んで理解したうえで郵送にて申請を進めてください。

事前準備

1)手続き前に必ず奨学金ガイダンス動画(約30分)を視聴してください。

2)奨学金案内をよく読み支援内容や採用要件を確認してください。

手続きの流れ

1)書類の準備学生

申請に必要な書類をCampusSquare>ダウンロード>学生・教学事務室>日本学生支援機構奨学金からダウンロードしてください。

2)書類の郵送学生⇒大学

必ずレターパックライトを使用し大学へ書類を郵送してください。その際は、追跡番号シールを各自で保管し書類が大学に到着したかを最後まで確認してください。
提出期限:2020年10月15日(木)必着
送付書類:・申請に必要な書類
     ・返信用レターパックライト370(送付先住所・宛名・学籍番号を記入)

3)ID・パスワードを郵送大学⇒学生

4)スカラネット入力(インターネット入力)学生⇒日本学生支援機構

5)書類の確認大学⇒学生

書類の内容を確認して、不備や確認事項があれば学生本人へ連絡

6)推薦・選考大学⇒日本学生支援機構

7)初回振込確認学生

不備なく申請し、採用された学生は初回振込が12月になります。

8)誓約書・返還誓約書の交付日本学生支援機構⇒大学⇒学生

学生住所に送付します。提出期限を必ず厳守しましょう。提出の期限が守れない場合は、採用取消となる場合もあります。

9)マイナンバー提出学生⇒日本学生支援機構

採用後マイナンバーの提出が必要です。

【貸与奨学生】
全員提出するもの
・返還誓約書
人的保証選択者が提出するもの
・連帯保証人の印鑑登録証明書
・連帯保証人の収入に関する証明書
・保証人の印鑑登録証明書
・保証人が4親等以内の親族でない場合や65歳以上の場合「返還保証書」+資産等に関する証明書類
機関保証選択者が提出するもの
・保証依頼書

奨学金申請に関する問い合わせ

不明な点がある場合は、大学のWebメール(Office365)から奨学金問い合わせ用メールアドレス(CampusSquareの二次採用募集の案内参照)へお問い合わせください。
返信はCampusSquareで回答します。

※回答にはお時間をいただく場合がありますので、締め切り間際ではなく、時間に余裕をもってお問い合わせください。

また日本学生支援機構のチャットボットもご利用ください。

新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した学生への支援について

新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した学生の皆さんへの経済支援について、それぞれの条件が満たせば、下記の各種制度を利用することが可能です。必要な方は所属キャンパスの学生事務室または教学事務室までお問い合わせください

高等教育の修学支援新制度(給付奨学金および授業料等減免)

新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生に対し、給付奨学金及び授業料等減免の支援を行う制度です。詳細は日本学生支援機構ホームページで確認してください。

日本学生支援機構 緊急・応急採用(貸与)

新型コロナウイルス感染症の影響などで家計の急変があった学生に対し、奨学金を貸与する制度です。

日本学生支援機構奨学金の申込について(在学採用)

毎年4月上旬に募集説明会を行いますので、申込を希望する学生は説明会に必ず出席してください。その他申込に関することは所属するキャンパスの学生事務室または教学事務室に学生本人がご相談ください。

採用者の返還誓約書・誓約書の交付と提出について

各種奨学金に採用された学生には奨学生証などが交付されます。その後、所定の期日までに(返還)誓約書を提出してください。(交付や提出の時期は初回振込月によって異なります。)
期日までに提出を怠った場合は、すでに振り込み済みの金額を全額一括返還後、採用取消となります。
提出に関して、不備があったために期限内に提出ができなかった場合も振込が保留されることがありますので、早めに作成に取り掛かり提出をしましょう。
返還誓約書など提出物の作成は慎重に行うようにしてください。返還誓約書の記載事項に訂正・変更があった場合は、下記の訂正方法を参考に訂正を行ったうえで、「返還誓約書記載事項訂正届」も作成し返還誓約書に添付し提出してください。

継続手続き

貸与奨学金

毎年12月頃に継続手続き(適格認定)があります。
手続きを怠ると廃止になることがありますので、注意してください。

給付奨学金

毎年夏と春に適格認定があります。また、年数回の在籍報告もあります。
奨学金支給が打ち切られると再度給付奨学金の申請はできません。

※貸与・給付ともに詳細な日程はCampusSquareと掲示板にてお知らせしますので、確認を怠らないようにしましょう。

返還猶予手続き

<対象者>

  • 高校・大学時代に奨学生であった学生,卒業延期している学生

上記の学生は返還猶予のため在学届を進学後速やかに所属するキャンパスの学生事務室又は教学事務室へ提出するか、スカラネット・パーソナルから「在学猶予願」を提出してください。その際に学校番号を入力する必要がありますので、事前に確認してください。