スタッフ紹介

長久手キャンパス

准教授

久保田 一充(くぼた かずみつ)

久保田 一充
【学歴】
2009年 名古屋外国語大学外国語学部英米語学科 卒業
2011年 名古屋大学大学院文学研究科人文学専攻言語学博士課程前期課程 修了
2014年 名古屋大学大学院文学研究科人文学専攻言語学博士課程後期課程 修了

【学位】
博士(文学)

【職歴】*常勤職のみ掲載
2015年 愛知淑徳大学初年次教育部門 講師(~2020年)
2021年 愛知淑徳大学初年次教育部門 准教授
その他、愛知淑徳大学、愛知県立大学、東海医療科学専門学校、同朋大学等で非常勤講師の経験あり。

【専門分野】
現代日本語文法

【メッセージ】
ことばは「コミュニケーションツール」だ、というのは言うまでもないことですが、ことばの重要な役割はそれだけではありません。ことばは「思考のツール」でもあります。例えば、語彙の学習は新しい概念の獲得につながりますし、また、ことばを活用して、思考を整理し、より深く、慎重に、効率的に考えるテクニックもあります。みなさんには、この思考のツールとしてのことばをたずさえて、大学内・外での、そして、卒業後の社会生活における課題・難題に立ち向かってほしいと思います。

教員の詳しい情報はこちら

講師

辻本 桜子(つじもと さくらこ)

辻本 桜子
【学歴】
2001年 龍谷大学文学部日本語日本文学科日本語学コース卒業
2008年 立命館大学大学院言語教育情報研究科言語教育情報専攻修士課程修了

【学位】
修士(言語教育情報学)

【職歴】*常勤職のみ掲載
2015年 滋賀文教短期大学国文学科講師(~2017年)
2019年 愛知淑徳大学初年次教育部門講師
その他、ECC国際外語専門学校・関西大学・立命館大学等で非常勤講師の経験あり。

【専門分野】
日本語教育学 / 社会言語学 / 語用論 / 第二言語習得研究

【メッセージ】
私が日本語の奥深さに気がついたのは、高校生の時、古典を学んだ時でした。古語ではほんの一語なのに、現代語訳では長い解説がついていることがありました。でも、解説を通してでも、そのわずか一語から情緒を感じたり、現代に生きる私が、時を超えて共感を覚えたり…。日本語の奥深さを感じました。言葉は変化すること、でも、変化しても人の思いをつなぐものだということに気がつきました。学生のみなさんにも、日本語の奥深さを感じてもらえたらと思います。そして、普段、何気なく使っている日本語を、もっと大切に、意識して使いこなせるようになって欲しいと思います。

教員の詳しい情報はこちら

講師

柗𠩤 久子(まつばら ひさこ)

【学歴】
2012年 愛知淑徳大学文学部国文学科卒業
2014年 愛知淑徳大学大学院文学研究科国文学コース修了
2020年 愛知淑徳大学大学院文化創造研究科文化創造専攻国文学領域満期退学
2020年 愛知淑徳大学大学院文化創造研究科にて博士(文学)の学位を取得

【学位】
博士(文学)

【職歴】*常勤職のみ掲載
2020年 愛知淑徳大学初年次教育部門講師
その他、愛知淑徳大学非常勤講師の経験あり。

【専門分野】
日本近代文学

【メッセージ】
学生の話を聞いていると、彼らが日々の出来事に対して思いを巡らしていることに気づきます。質問を重ねると、「私はこんなことを考えていたんだ」という、彼ら自身の発見に立ち会うこともあります。しかし、それがいざ文章になると、彼らの考察や、エピソードがどこにも書かれていないということがよくあります。どのように書けば読み手に伝えられるのか、共に悩み、考えたいと思います。

教員の詳しい情報はこちら

講師

松本 明日香(まつもと あすか)

松本 明日香
【学歴】
2013年 愛知淑徳大学コミュニケーション学部コミュニケーション心理学科卒業
2015年 愛知淑徳大学大学院心理医療科学研究科心理医療科学専攻博士前期課程修了
2015年 愛知淑徳大学大学院心理医療科学研究科心理医療科学専攻博士後期課程入学(在学中)

【学位】
修士(心理学)

【職歴】*常勤職のみ掲載
2020年 愛知淑徳大学初年次教育部門講師
その他,愛知淑徳大学,東海学園大学,中部大学で非常勤講師の経験あり。

【専門分野】
教育心理学/社会心理学

【メッセージ】
「論理的,批判的に文章を書ける・読める」スキルは,大学生活はもとより,社会に出てからも非常に重要な能力です。大学生になり,文章を書く機会がとても多くなります。また,単純ではない,複雑な文章を読む機会もどんどん増えていきます。その際に役立つスキルが,「文章の構造を適切に理解し」「うのみにせず『批判的に』読める」スキルです。そしてそれに加えて,自分の考えを「論理的に表現できるスキル」も,必ず皆さんの大きな武器になるはずです。最初は難しく感じるかもしれませんが,一歩ずつ確実に進んでいけば必ず誰しもが獲得できるスキルです。共にじっくり考え,読み,書くことで,将来活用できるスキルの獲得を目指しましょう。

教員の詳しい情報はこちら

助教

鈴木 崇夫(すずき たかお)

鈴木 崇夫
【学歴】
2003年 名古屋外国語大学外国語学部日本語学科卒業
2006年 名古屋外国語大学大学院国際コミュニケーション研究科博士前期課程日本語コミュニケーションコース修了
2009年 名古屋外国語大学大学院国際コミュニケーション研究科博士後期課程日本語学・日本語教育学分野単位取得後退学
2013年 名古屋外国語大学大学院国際コミュニケーション研究科博士後期課程日本語学・日本語教育学分野学位取得

【学位】
博士(日本語学・日本語教育学)

【職歴】*常勤職のみ掲載
2016年 名古屋大学国際機構国際言語センター日本語・日本文化教育部門 特任助教
[豊田市委託事業:とよた日本語学習支援システム システム・コーディネーター]
2020年 愛知淑徳大学初年次教育部門助教
その他、名古屋市立豊国中学校、愛知県立緑丘商業高校(現:県立緑丘高校)、名古屋外国語大学外国語学部・世界教養学部、三重大学教育学部で非常勤講師の経験あり。

【専門分野】
母語・継承語(バイリンガル)教育/地域日本語教育/多文化共生/キャリア教育

【メッセージ】
愛知淑徳大学の大学理念は「違いを共に生きる」です。みなさんはこの理念を初めて見たとき、どう感じましたか?
私はこれを見たとき、サラダボウルのようなイメージが浮かび、大きな共感を覚えました。一人の個としてこの理念を考えてみると、自分の可能性を最大化できる感じがします。
ところで、理論と理念の違いは何でしょうか。大学では専攻分野で、様々な理論を学ぶと思います。では、理念はどのように学んだらよいのでしょうか?
みなさんの4年間の学びと未来の可能性を最大限にするためにも、自分にとっての「違いを共に生きる」とは何かを一緒に考えていきましょう。

教員の詳しい情報はこちら

助教

中村 佑衣(なかむら ゆい)

中村 佑衣
【学歴】
2010年 聖心女子大学文学部日本語日本文学科日本語日本文学専攻卒業
2012年 聖心女子大学大学院文学研究科日本語日本文学専攻修士課程修了
2019年 聖心女子大学大学院文学研究科人文学専攻(日本語・日本文学領域)博士後期課程修了

【学位】
博士(文学)

【職歴】
2021年 愛知淑徳大学初年次教育部門助教
その他、聖心女子大学キリスト教文化研究所で事務補助の経験あり。

【専門分野】
日本近現代文学

【メッセージ】
「言葉の刃」や「救いの言葉」という表現を耳にすることがありますが、言葉が人を殺したり、救ったりすることはありません。「薬人を殺さず薬師人を殺す」ということわざがあるように、全ては使う人間次第なのです。
発せられた言葉には、話し手や書き手の世界の認識の仕方が自ずと映し出されます。相手が使う「言葉」から何を読み取り、相手にどんな「言葉」を投げ返すのか。一緒に「言葉」の使い方を考えてみませんか。

星が丘キャンパス

講師

近藤 さやか(こんどう さやか)

近藤 さやか
【学歴】
2004年 清泉女子大学文学部日本語日本文学科卒業
2008年 学習院大学人文科学研究科日本語日本文学専攻博士前期課程修了
2011年 学習院大学人文科学研究科日本語日本文学専攻博士後期課程修了

【学位】
博士(日本語日本文学)

【職歴】*常勤職のみ掲載
2016年 名古屋大学教育学部附属中学高等学校国語科講師
2020年 愛知淑徳大学初年次教育部門 講師
その他、学習院大学・愛知淑徳大学・中部大学・中京大学非常勤講師の経験あり。

【専門分野】
日本古典文学(平安朝物語文学)

【メッセージ】
みなさんは普段「書くこと」と「話すこと」のどちらが多いですか?伝える相手は誰ですか?大学生になると、今まで以上に世界が広がり、表現することも伝える相手も多くなります。なんとなく使う言葉では、相手に言いたいことがうまく伝わらないことも多くなります。相手に分かりやすく、ふさわしい言葉を使うことを意識して自分の考えや思いを伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

教員の詳しい情報はこちら

講師

原 美築(はら みづき)

原 美築
【学歴】
2014年 三重大学教育学部学校教育教員養成課程国語教育コース卒業
2016年 名古屋大学大学院文学研究科人文学専攻日本語学博士課程前期課程修了
2021年 名古屋大学大学院文学研究科人文学専攻日本語学博士課程後期課程満期退学

【学位】
修士(文学)

【職歴】
2021年 愛知淑徳大学初年次教育部門講師
その他、愛知淑徳大学、名古屋短期大学、南山高等・中学校女子部、聖霊中学・高等学校で非常勤講師の経験あり。

【専門分野】
日本語学(現代日本語の意味)

【メッセージ】
自分の意見を多くの人に伝えるときに大切なこととは何でしょうか。語彙力があり、言葉遣いが正確なことでしょうか。たしかに、それも必要なスキルではあります。しかし、もっと大切なのは、「なぜそのように考えるのか」、「その考えはどのように有益であるのか」といった「意見の中身」をいかに充実させられるかという点です。日本語表現の授業では、言葉の表現力を磨くだけでなく、意見に説得力を持たせるための論理的な思考力も培っていきます。相手に伝わる発信をするために、意見の中身を濃くしていく方法を一緒に考えていきましょう!

助教

木下 奈津紀(きのした なつき)

【学歴】
2008年 南山大学人文学部人類文化学科卒業
2011年 愛知淑徳大学大学院現代社会研究科博士前期課程現代社会専攻国際社会コース 修了
2017年 愛知淑徳大学大学院現代社会研究科博士後期課程現代社会専攻国際社会コース 修了
その他、韓国梨花女子大学校への留学経歴あり。

【学位】
博士(学術)

【職歴】*常勤職のみ掲載
2015年3月 光州広域市朝鮮大学校外国語学部日本語科助教授
2017年9月 愛知淑徳大学初年次教育部門助教
その他、東京福祉大学、名古屋工業大学非常勤講師、一般企業における正社員の経験あり。

【専門分野】
韓国政治史(韓国財閥の政治史的研究)/日本語教育/韓国語教育

【メッセージ】
皆さんは「違い」というと、どのようなことを思い浮かべますか。どれだけ気が合う友だちでも、家族でも一人一人考え方が違ったり、嗜好が違ったりしますよね。私たちの周りは「違い」で溢れています。したがって、本学の理念である「違いを共に生きる」は、現代社会を生き抜くうえでとても重要なことです。他者と「共生」しながら、自分らしく現代社会を生きる力を一緒に身につけましょう。

教員の詳しい情報はこちら