アドミッション・ポリシー

2018年度(平成30年度)愛知淑徳大学 アドミッション・ポリシー

 愛知淑徳大学は、「違いを共に生きる」を理念として掲げ、性別、国籍、年齢、異なった能力など、さまざまな違いをもつ者が共に学ぶ環境づくりに努めています。その環境の中で繰り広げられる多彩な教育・研究活動を通じて、広い視野と深い思考力を身につけ、時々刻々と変化する現象に対する洞察力と時代を先取りする先見性を獲得し、さらに、新たな価値の発見とその普及のための優れた実践力が養成されています。このような伝統を継承し、さらに推し進めるための学生受け入れ方針として、多様な入試制度を導入しています。

一般入試

 多様な教科型入試。
一般入試は人文科学、社会科学、自然科学、語学など広い範囲に関する学力を基盤とし、その中の特定分野の知識やスキルを入学後の専門教育での学修に有効に活かしたいと考えている者を対象とした入試。入試方式(A方式、B方式、センタープラス方式、C方式)に従って、学科・専攻での学修に関係の深い科目や自らが得意とする科目を、選択(一部の入試方式、学科・専攻では必須もあり)して受験する入試です。

センター利用入試

 大学入試センター試験の教科(科目)のうち、本学が指定した教科(科目)を利用する入試。
様々な分野において培った基礎学力を活かし、大学入試センターが実施する大学入試センター試験を利用して入学を希望する者を対象とした入試です。

公募制推薦入試

 高等学校で身につけた基礎学力や思考力を問う入試。
日本語や英語の知識と運用能力、分析的認識力、論理的思考力を持ち、それらを大学での専門的学修に活かしていこうと考えている者を対象にした入試です。所属学校長による推薦を受けた者を対象としています。

AO入試

 本学での勉学を強く希望し、第一志望として入学を志す者を対象とした専願制入試。
AO入試Ⅰでは、高等学校でのバランスのとれた学習成果を背景に課外活動や資格取得、検定試験などで優れた実績を挙げた者を対象としています。また、大学理念を理解し、その理念を促進、発展させることに貢献できる能力や個性を持つ者を期待しています。
AO入試 II では、本学入学後の専門教育に対する適性と学修意欲を持つ者を対象としています。AO入試 I ・ II 共に、全学科・専攻共通の課題で入学前指導(フォローアップ)を実施します。

指定校制推薦入試

 本学が教育的連携を強化している高等学校に所属する者を対象とした入試。
  本学での学修を第一希望とし、高等学校での学習において優秀な成績を収め、 所属学校長による推薦を受けた者を対象としています。高等学校と大学との教育的連携を重視し、全学科・専攻共通の課題で入学前指導(フォローアップ)を実施します。

特別選抜入試

 社会人、外国人留学生及び帰国生徒を対象とした入試。
実社会や異なる文化的背景をもつ国で獲得した豊かな経験を基にして、本学において専門性の高い知識や技術を身につけようと考えている者を対象にした入試です。

編入学試験

 他大学などで培った基礎的学力に加え、各専門分野の基礎的技術、基本的知識をすでに十分修得しており、本学において一層高い専門知識と技術の習得をめざしている者を対象とした入試です。