「ひと」って、おもしろい

心理学を幅広く体系的に学ぶことで人の心をより深く見つめる力を育み、人が人らしく生きられる社会の創造に貢献する人材を育成。

心理学部開設の経緯・目的・理念

「ひと」が「ひと」らしく生きることができる社会の創造をめざします

多様な人が個性を活かして生きることができる社会をつくる人材の育成をめざし、愛知淑徳大学の心理学部は開設されました。「心理学」に対して、どのようなイメージをもっていますか? たとえば、「心の問題で困っている人を援助する」といったカウンセリングのイメージをもつ人が多いでしょう。実際には、心理学の研究領域はバラエティに富んでいます。愛知淑徳大学心理学部では、幅広い心理学を専門的に学ぶことができる4つの領域を用意しました。

  • 人間がものごとを認識するメカニズムを探究す生理・認知心理学領域
  • さまざまな人間関係の力学を研究する社会心理学領域
  • 子どもが大人になり、年を重ねていく生涯の心の変化を見つめる発達心理学領域
  • 「生きづらさ」を抱える人を支える臨床心理学領域

ひとつの問題をさまざまな角度から眺め、人間の心とそれを取り巻く環境をより深く見つめる力を育み、「ひと」が「ひと」らしく生きることができる社会の創造を可能にする人材を育成します。

4領域の心理学を総合的に学び、幅広い専門知識を習得します

愛知淑徳大学心理学部は、現代の心理学における主要な4領域である「生理・認知心理学」「社会心理学」「発達心理学」「臨床心理学」の4つを学修の柱にしています。すべての学生が幅広い心理学の専門知識を身につけるために、あえてコース分けをせず、「人のこころ」を総合的に理解できるようにカリキュラムを構成しています。実習科目も充実させ、客観的なデータの収集・分析・考察をとおして科学的に「人のこころ」を理解する技術を磨きます。4年間の学修をとおし、論理的な思考能力や、実社会でも役に立つ問題解決能力を養います。

また、愛知淑徳大学大学院 心理医療科学研究科 臨床心理学コースとの連携を強化し、公認心理師や臨床心理士の資格取得も強力にサポートします。心理臨床実践の積み重ねと個別指導によって心理学部での学びを発展させ、将来の心理臨床活動の基礎となるクライエント理解と面接、コミュニティ支援の能力を総合的に習得することができます。

卒業後に向けて

実社会で役立つ能力を育成します

心理学部の魅力のひとつは、実社会の多様な分野で役立つ能力を身につけられることです。多岐にわたる心理学の領域から幅広い豊富な専門知識を身につけることで、多角的な視野を養い、また仮説検証のプロセスを繰り返す研究方法によって実社会の多様な問題を科学的に捉える論理性を身につけます。さらに少人数でおこなう演習形式の授業を通して他者を理解する力や適切な自己表現力などを養うことができます。

卒業論文作成へ向けての4年間を通して、「人間の行動と心についての理解力」「実証的分析力・論理的思考力」「問題発見・解決力」「コミュニケーション力」という実社会で役立つ4つの力を身につけます。

幅広いフィールドで活かせる専門性を身につけます

卒業後は、公的機関の心理職、一般企業の人事、教育、広報など人間心理を読み解く能力が求められる分野、調査会社や情報関連企業など統計処理やデータ分析のスキルが活かせる分野、対人関係への関心が強く求められる営業や販売の分野など幅広いフィールドで専門性を発揮することが可能です。大学院に進学して、国家資格である公認心理師や、臨床心理士の資格取得をめざす道も拓かれています。

学科紹介

心理学科

心理学科

心理学の研究をとおして、論理的に問題を発見し解決する力を養います。