大学概要

学園の教育姿勢

伝統は、たちどまらない。

 1905(明治38)年、日本の女子教育の黎明期に創立された愛知淑徳学園は、愛知県で初となる私立高等女学校として、その一歩を踏み出しました。家事や裁縫が女子教育の主流とされていた明治の時代において、本学園の創立者・小林清作先生は次代へまなざしを向け、英語や理科を必須科目とし、スポーツを奨励しました。さらに、洋装の制服の採用や修学旅行の実施など、他の女学校とは一線を画した先進的な教育方針を次々と実践し、新たな女子教育の基盤を築き上げました。「十年先、二十年先に役立つ人材の育成」という言葉に表される当時の教育目標は現在まで続く学園の歩みの確固たる礎を作っています。
 日本の学校制度が大きく変わった戦後も、本学園は時代の流れや多様化する社会の要請に的確に応え、1975(昭和50)年に愛知淑徳大学を開学しました。その後「共生」が社会の大きな課題となる時代を迎えるとともに、1995年(平成7年)創立20周年にあたって男女共学化を果たし、複数学部を擁する大学へと拡大していくことになりました。このような変化の中、学園創立以来の教育目標を継承、そしてより具体的、現実的に達成していくために、「違いを共に生きる」という理念を掲げるに至りました。さらにその理念は「地域に根ざし、世界に開く」「役立つものと変わらないものと」「たくましさとやさしさを」の3つの具体的テーマの形で表現され、ジェンダー・女性学研究所の開設、各種外国語教育や国際交流、コンピュータなどに代表される資格教育とボランティアをはじめとする体験教育の充実、さらにキャンパスのバリアフリー化などさまざまな教育体制の確立と教育実践に反映されています。「伝統は、たちどまらない。」というスローガンにこのような大学の進化の姿勢をこめて、愛知淑徳大学は、国籍、言葉、文化、性別、年齢、障がいの有無などお互いが違いを認め、すべての命と共に生きる道を探求し続ける、新たな時代の大学として常に躍進をめざしています。

大学理念

理念である「違いを共に生きる」と、理念を実現するための3つのテーマをご紹介します。

教育姿勢・方針

教育姿勢「伝統は、たちどまらない。」と各学部の目的についてご紹介します。

歴史と沿革

1975年(昭和50年)の開学に始まる、愛知淑徳大学の歴史やあゆみについてご紹介します。

学生数

各学部・学科(専攻)、研究科別に学生数をご紹介します。

大学組織

愛知淑徳大学の組織構成(教育組織・事務組織)をご紹介します。

大学ロゴマーク

愛知淑徳大学のコミュニケーションマークとエコロジーマークをご紹介します。

大学歌

愛知淑徳大学の大学歌や応援歌、キャンパスソングをご紹介します。