防災週間における退避行動訓練について

実施目的

緊急地震速報発令時等の危機発生時に冷静な行動をとり、被害を最小限にとどめ学生、教職員、厚生施設関係者及び大学内に滞在する者の安全を確保し、二次災害を防止することを目的とし、防災週間の中で、退避行動訓練および安否確認システムの運用テストを行い、全学的に大規模地震災害や火災に備える。

実施日時

2017年12月7日(木) 12:25~12:40

対象者

実施時間帯に大学に滞在するすべての関係者(学生、教職員、厚生施設関係者等)
その他、実施時間帯に滞在する一般外来者、業者、外来患者にも協力を仰ぐ。

概要

予告 9:20
11:00
12:25
訓練予告放送①
訓練予告放送②
退避行動訓練開始直前予告放送
地震発生 12:30
12:33
緊急地震速報放送→退避行動
キャンセル報放送
訓練終了 12:40
12:40
教室での訓練終了(解散)
訓練終了放送

防災訓練告知ポスター

防災週間ポスター防災訓練ポスター

防災訓練実施の様子

全学一斉・全員参加の「防災訓練」を実施し、学生や教職員が防災意識を高めました。

大規模地震災害の備えを全学的に強化するため、2017年12月4日(月)~8日(金)を愛知淑徳大学防災週間と定め、情報班、施設班、救護班の各班が様々な活動をおこないました。
一斉防災訓練は12月7日(木)2限を利用して実施し、学生・教職員はもちろん、実施時間内に滞在するすべての人が参加し、退避行動訓練、救護訓練、安否確認システムの配受信訓練などをおこない、かけがえのない命を守るための方法を学びました。

退避行動訓練、安否確認システムの配受信訓練
救護訓練

※写真をクリックすると拡大します。


Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない方は、右記のサイトからダウンロードしてください。