健康医療科学部

医療貢献学科 視覚科学専攻

すぐれた技術、科学的思考力を身につけ、“見る”をサポートする視能訓練士へ。

特別企画

眼科検査を体験しよう

フォトギャラリー

 
「視能訓練士」は、眼や見え方に関するさまざまな症状の検査・評価をおこなう他、弱視や斜視の訓練に携わるなど、視覚障がいのある方を支えるスペシャリストです。本専攻では国家資格取得をめざし、知識・技能を修得するだけでなく、新たな検査や訓練方法を研究するための科学的思考を養い、この分野をリードできる人材を育成します。

視覚科学専攻の特色


「視能訓練士」の国家試験
受験資格が取得可能

卒業と同時に視能訓練士の国家試験受験資格が得られます。超高齢社会を迎え、視能訓練士の需要はますます高まっています。チーム医療の一員としての活躍の場も広がっています。

「見る」ということを
科学的に学ぶ

医学的な知識だけでなく、「見る」仕組みを解明する視覚科学系の心理学科目も学修。自然科学に基づいた理論的な思考力を養うためのカリキュラム・設備を用意し、この分野をリードしていくことのできる人材を育成します。

多くのエキスパートたちから
生きた知識を修得

眼科医、視能訓練士、生理学者、心理学者といった専門家が授業を担当。毎年12月には東海視能訓練士研究会を主催し、研究者の講演をおこなうなど、現場の声から学べる機会も豊富に用意されています。


授 業 紹 介


視能矯正学実習

学内実習科目のひとつで、視力、屈折、視野、立体視、眼位、眼底など眼の検査を学生同士で実践的に学び、病院でおこなう学外実習に備えます。実習は少人数のグループに分かれ、さまざまな検査項目をローテーションで学修。検査の目的や方法を理解する他、学外実習に向けて医療人としての言動やコミュニケーション方法も学びます。

眼疾病学

眼や視機能に関わる器官の解剖学、生理学、生化学的知識を元に、視機能の病態に関わる基本的事項、疾病概念、病態、検査法、診断法、治療法、予防法などを学びます。

ロービジョン医学演習

ロービジョン(低視覚)の視覚科学的特性や視機能評価方法、福祉制度も含めた援助方法や拡大補助具の選定方法などについて学修。模擬外来といったロールプレイを通し、幅広い視野からリハビリテーションについて実践的に学びます。




取得できる資格・免許
  • 視能訓練士(国家試験受験資格)
視能訓練士国家試験合格率(2021年度)
94.9% (合格者37名/受験者39名) 全国合格率91.8%


施 設 紹 介


視野検査室

標準的なゴールドマン視野計と自動視野計を合計7台設置。学生数に対し十分な台数で、的確な指導をおこなっています。

視力検査室

標準的なものから最新のものまで、医療機関で使用しているさまざまな視力検査装置を揃えています。

眼底検査室

目の内部を撮影する技術を学びます。目の疾患はもちろん、高血圧、糖尿病といった全身病、脳の疾患までも診断できます。

2022年度 カリキュラム

※今後(上記の)カリキュラムは変更になる場合があります。



主な就職先
    • 名古屋大学医学部附属病院
    • 三重大学医学部附属病院
    • 名古屋市立大学病院
    • 藤田医科大学病院
    • 日本赤十字社 愛知医療センター名古屋第一病院
    • あいち小児保健医療総合センター
    • 独立行政法人 地域医療機能推進機構 中京病院
    • 社会医療法人大雄会 大雄会第一病院
    • 社会医療法人明陽会 成田記念病院
    • 医療法人社団同潤会 眼科杉田病院
    • 医療法人 安間眼科
    • 医療法人社団海仁 海谷眼科
    • 信州大学医学部附属病院
    • 金沢大学附属病院
    • 大阪大学医学部附属病院
    • 岐阜大学医学部附属病院
    • 近畿大学病院
    • 東京医科大学病院

活躍する卒業生

※就職先は取材時のものです