愛知淑徳大学国際交流センター

文字サイズ

標準
English

交換留学制度

愛知淑徳大学が海外の大学と締結した交流協定に基づき留学するプログラムです。
留学期間は約1年間(2学期間)、または約半年間(1学期間)です。派遣人数は各校 1~3名で、学内の選考試験を経て、合格した学生が各協定校に派遣されます。渡航時期は「夏季派遣(8~9月出発)」と「冬季派遣(2~3月出発)」があります。留学先大学で修得した単位は、本学の単位として認定されるため(留学生派遣規程による)、原則として4年間で卒業することが可能です。
交換留学生は、留学期間中も本学に学納金を納める必要がありますが、留学先大学の学費は免除されます。

留学先大学

留学先は、本学と交流協定を締結している海外の大学です。留学先大学の学年暦によって、渡航時期が異なります(夏季派遣または冬季派遣)。

出願要件

  1. 通算GPA 2.3以上
    • 英語圏:TOEFL iBT、IELTS、TOEIC Listening & ReadingおよびSpeaking & Writing等のスコア
    • 中国語圏:HSK 3級以上、もしくは語学科目(中国語)のGPA2.3以上
    • 韓国・朝鮮語圏:韓国語能力試験(TOPIK)3級以上、もしくは語学科目(韓国語)のGPA 2.3以上

留学先大学によって出願要件は異なります。
最新の出願要件は交換留学募集要項に掲載されていますので、以下のページからご確認ください(大学関係者専用サイト)。

Teams

CampusSquare

学内選考

交換留学生の学内選考試験は年2回実施されます(夏季派遣:12月下旬、冬季派遣:6月下旬)。
学業成績(通算GPA)、語学能力、提出書類、筆記試験、面接の結果をもとに総合的に判断し、決定されます。

留学までの流れ

交換留学の準備から派遣までの大まかな流れは、次の通りです。

  1. 国際交流センターで留学相談(対面/オンラインまたはメール)
  2. 語学試験の受験
  3. 海外留学ガイダンスへの参加、募集要項等の確認
  4. 出願書類の提出、学内選考試験の受験
  5. 留学前準備・手続き:留学オリエンテーション、渡航手続き、海外留学保険加入、危機管理セミナーへの参加
  6. 留学先に派遣

詳細は、交換留学の手続きスケジュールを参照してください。

交換留学生対象の奨学金

交換留学制度で留学する本学学生を対象に「特別給付奨学金(留学生支援)」が用意されています。「渡航支援」と「留学支援」の2種類があり、給付額は以下のとおりです。

  • 渡航支援:全員給付、留学先の地域区分により5万円または15万円
  • 留学支援:若干名(成績優秀者)、留学先の地域区分・留学期間により5万円~30万円

詳細は、特別給付奨学金のページで確認してください。

民間の奨学金等に応募する際は、募集時期が1年以上前のこともありますので、早めに情報収集を行うことをおすすめします。

PAGE TOP